Powered by Six Apart

アラブ Feed

2013年4月 5日 (金)

酩酊音楽酒場~FAIROUZ 「YES’ED SABAHAK」

Pfairouz002
 みなさん今晩は~。ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪ころんさんは転勤先で結構しんどい目に遭ってるみたいで、ワケわからない仕事に戸惑ったり体調を崩したりと、苦労してるみたいですね~♪まあその辺の近況は本人が書くみたいなんで、とりあえず私は自分の担当のネタを書かせてもらいますね!

 というワケで、今回の「酩酊音楽酒場」は、アラブ歌謡の女王ファイルーズ様の、多分95年に復刻された50年代録音集です。ごく初期のファイルーズ様の録音ということで、大変に貴重な音源なんだそうですけど、アラブ歌謡素人の私にはその価値がどれだけのモノなのかはよくわかりません。でもこれが本当に素晴らしい録音集だというのは、私でもよくわかりますわよ!

 私が初めて聞いたアラブ音楽はファイルーズ様の「愛しきベイルート」なんですけど、深い哀しみを湛えた神秘的な盤って感じで物凄く感動しましたね~。でもちょっと近寄り難い位の神々しさがあって、親しみを感じるという歌手ではないと思いました。基本的に私のファイルーズ様に対する印象はそんな感じなんですけど、この初期録音を聞くと「あ、ファイルーズ様ってこんなにカワイイ楽しい歌を歌う人なんだ~」って、とっても親しみを感じちゃいました!な~んだ、ファイルーズ様って昔はこんなに親しみやすい人だったんだって、ちょっと安心してしまいました。

 前にころんさんが言ってたんですけど、「ファイルーズって昔の音源は本当に楽しくてカワイイ感じで、深刻な顔して『愛しきベイルート』なんてイメージじゃなくて、『楽しきベイルート』って感じでやんすよ」とか何とか。その時は私はまだ「愛しきベイルート」しか知らなかったので、「そんなはずあるかいボケ!」と思ったんですけど、今回のブツを聞くと本当にそうなんだ~って実感しちゃいましたね~。ファイルーズ様の笑顔なんて全然想像出来なかったのに、昔は表情豊かに本当に楽しそうに歌ってたんだな~って。やっぱり笑顔で楽しそうなファイルーズ様の方が、深刻な顔してるよりもず~っとステキですね!カワイイファイルーズ様に、胸がキュンキュンときめいちゃいますわよ♪

「ときめいちゃうの♪」byななみー
Phiwaiinana009

 まあ若い頃の録音とは言っても、あの独特のフワフワした節回しは既に出来上がっていますし、聞けば一発でファイルーズ様の歌だってわかるんですけど、感覚がとてもポップで若々しいのがイイ感じですね~。全11曲で、全編親しみやすくてポップな曲ばかりですので、ファイルーズ様を苦手にしてる人でも十分に楽しめると思います。このポップさはラハバニ・ブラザーズが制作をしてるからってこともあるんでしょうけど、ファイルーズ様本人にも歌うことを楽しむって気持ちがあったから、こんなステキな表情の歌になったんだと思います・・・なんてことを考えると、ファイルーズ様からこんなにもステキな表情を奪ってしまった中東情勢って一体何なの?って思っちゃったりもして、ちょっと複雑な気持ちになってしまいました。

 以上、今回はとっても楽しくてカワイイファイルーズ様の録音集を取り上げました、「酩酊音楽酒場」でした!今回は試聴が見つかりませんでしたので、試聴の貼り付けは無しです。DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪

2013年2月10日 (日)

酩酊音楽酒場~DALIA 「タイトル不明」

Pdalia001
 みなさん今晩は~。ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」は、ジャケに「DALIA」と書いてある以外はアラビア文字ばっかりなので、一体誰の何というブツで、何時頃何処で発売されたのか全くわからないアルバムを取り上げます。とりあえずは便宜上、この歌手のことはダリアさんということにしておきましょうか。

 これはころんさんが関西のブックオフで250円でゲットして来たブツなんですけど、ジャケ写がかなりの美人なので思わず買ってしまったんだそうです。ジャケ裏の写真は女優の野波麻帆みたいな感じでホントにキレイな人ですから、単なるジャケ買いであっても文句は言いませんわ。カワイイ女子・キレイな女子が大好物の私が許してアゲル!

「アタシに似てるの?」by野波さん
Pnonamimaho001_2

 こういうブツって、写真だけが良くて中身がさっぱりだったら、ころんさんをシバくだけでOKなんですけど、困ったことにメチャクチャに素晴らしい内容なんですよね~。もっとこの人のことが知りたい~っ!て強烈に思ってしまう位に、本当に素晴らしい作品なんですよ。あ~どうしましょ。どなたか、この人のことご存知ありませんか?求む情報!

 で、一体何が素晴らしいって、まずはこの歌声ですよ!節回しはフェイルーズを意識しているんだと思いますけど、ナンシー・アジュラムちゃんよりもカワイイ歌声で、るーみん(マージダ・エル・ルーミーね)よりも可憐で、フェイルーズみたいにはフワフワしてなくて、もう激烈萌え萌えな歌なんですよ。カワイイキレイなお顔の通りのカワイイキレイな歌声、たまりませんわ~ん♪私はもうメロメロですわよ~ん!世の中には声で聞き手をKOしてしまう歌手っていますけど、この人の声も本当に反則級のステキさです。

「アナタ、反則ですわよ♪」byななみー
Phiwaiinana036

 そしてこの歌声にプラスして、アラブ歌謡とは思えない位の音楽性の幅広さがあるんですよ。しかも素晴らしくポップで親しみやすいんです!1曲目からアラブ歌謡にしては軽やかで親しみやすいな~って感じなんですけど、曲が進むに連れてどんどんアラブ歌謡の本流から外れて来るんですよね~。グアコみたいなラテン風リズムが出て来たと思ったら、お前はアジア歌謡か!って感じのしっとりAORバラードがあったりするし、マンボじゃないけど「うっ!」って言ったりする超ポップな曲もあるし、一体この人は何者なの?って感じなんですよね~。あ~、もうたまらない程カワイイわ、この人♪どうしようもない位に大好きになってしまいました。

 以上、メロメロなアラブ歌謡を取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした。DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました!あと、今回は試聴の探しようが無かったので、試聴の貼り付けは無しです。それじゃあ、またね~♪

2013年1月25日 (金)

酩酊音楽酒場~LATIFA 「MAALOMAT AKEEDAH」

Platifa001
 みなさん今晩は!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、チュニジア出身の歌手ラティーファの、06年のアルバムです。ころんさんが昨年、プランテーションでゲットして来たブツですね~。ラティーファさんはチュニジアなんて珍しい国の出身ですけど、エジプトでデビューしてスターになった人だそうです。ちなみに61年生まれだそうですから、このブツを出した時は45歳ですか。あまり年齢を感じさせない、キリっとしたクールなルックスの人ですね。美女好きの私にはストライクなルックスですわよ♪ころんさんはラティーファさんのクールなルックスに惹かれてこのブツをゲットしたんだそうですが、年齢知ったら驚くだろうな~。私は若い娘でも年増の熟女でも、どちらでもOKよ!

 この人はアラブ歌謡界ではスーパスターだそうなんですが、私はアラブ歌謡についてはフェイルーズとかナンシー・アジュラムちゃんぐらいしか馴染みがないので、「へ~」って感じなんですけど、ラティーファさんの大物然としつつ可憐な歌声はとても親しみやすくてイイと思いますね~。美人だし、堂々としていてシャキッと背筋が伸びたような歌声は、男性だけじゃなくて女性達にもウケてるんじゃないですかね~。うーん、流石に大物!アラブの大物なんて言うと、ウム・クルスームなんて人を思い出してしまって、何だか物凄く近寄り難いってイメージがあるんですけど、ラティーファさんはカッコ良くて親しみ易い大物ですね。憧れてしまいますわ~ん♪

 ところでラティーファさんって、元々はノリノリのダンス音楽をヤッテいたらしいんですけど、ここではアコースティックなしっとり路線もあれば、打ち込みを使ったダンス路線もありますし、ジャズなんかの要素も取り入れたミクスチャーな感覚の曲もあって、バラエティに富んだバランスのイイ作品に仕上がっていますね~。しかもスッキリ洗練されていて、とってもオッサレ~。どの曲も揺ぎ無い歌声でしっかりとこなしていて、堂々たる姿勢が崩れるような部分は微塵もありません。あ~、なんてステキなラティーファおばさま・・・じゃなくてお姉さま、アラブ歌謡界のスーパースターと言っても、前に取り上げたエリッサさんとはえらい違いだわ。美人で巨乳なだけのエリッサさんよりも、ラティーファお姉さまの方がずっと魅力的ですわよ♪

「エリッサよりもラティーファ!」byななみー
Phiwaiinana041

 私が持っているアラブ歌謡のイメージって、ダサダサの打ち込みにどすこい演歌って感じなんですけど、ナンシーちゃんやカティアさん、そしてラティーファさんなんかを聞くと、今時そんなイメージを持っている方がダサいってことに気付いてしまいますね。やっぱりリンガラばっかりにウツツを抜かしていてはいけないのですわ、きっと。今時のイケてる女子になる為には、しっかりとアラブ音楽を聞くことが必要なのだわ、きっと。だから私は、今年はアラブ歌謡も色々と聞こうと思います。というワケでころんさん、今年はアラブ歌謡のブツをいっぱいゲットして来てね!私のお願いだから、ころんさんはちゃんと聞いてくれると思いますわ、きっと。

 以上、アラブのステキなお姉さまを取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした!DJは私、ヒワイイ大使のななみーがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、良かったら聞いてみてね!それじゃあ、またね~♪


「とりあえず1曲、ピアノ弾き語り風アラブ歌謡?」→コチラ

2013年1月 9日 (水)

北川稽古~ZAHAR

Pzahar001
 ヒワイイ大使のこにたんである。今年初の「北川稽古」だが、モロッコのバンド、ザハールの92年発表のライヴ盤を取り上げる。本来ならななみーが担当だが、ウチがグナワ好きというのを知っていて、ななみーがウチにネタを書くように言って来たので「北川稽古」で取り上げる次第である。

 ザハールはグナワ師として有名なハッサン・ハクムーンのバンドだが、当然ここでヤッテいる音楽はグナワをベースにしている。しかしグナワそのものではない。ハクムーンの歌とエレクトリック加工されたゲンブリを主軸とした、エレクトリックなロック・バンド形態の演奏だからである。この音楽を「電化グナワ」と呼ぶ人間もいるようだが、この言葉は正確ではない。何故なら、単純にグナワを電化したものではなく、グナワにロックやファンクの要素を大々的に取り入れているからである。

 ここで演奏されている音楽は、ロックやファンクを取り入れることでグナワが本来持っている呪術性を抑え、誰にでもわかりやすい形で手に汗握る大興奮の展開を聞かせてくれる。これはもはや民俗音楽的なグナワではなく、グナワ・ロックでありグナワ・ファンクである。どの曲も激烈な演奏であるが、その中でハクムーンよりも目立つのが、ギターのアンソニー・マイケル・ピータースンである。ピータースンはエレキ・ギターをフィンガー・ピッキングで弾いているという話を聞いたことがあるが、ピックも持たずにこれだけハード・ロック的な激しく燃え上がるような凄まじいギターを弾きまくるとは、とんでもない化け物である。こいつがこのバンドに存在することで、電化グナワが激烈なハードロックやファンクに変貌を遂げるのである。

「このギターは凄いぞ。」byこにたん
Phiwaiikoni026

 ところでミュージック・マガジン誌の2012年のベストでは、ハッサン・ハクムーンのライヴ盤が1位に選ばれたらしいが、一体どんな演奏なのだろうか?この「ZAHAR」を超えるような作品なのか?そうであるならば、是非聞いてみたいものである。02年の「ギフト」みたいなかったるい駄盤を聞いて以来、その後のハクムーンには興味を無くしていたが、この「ZAHAR」位のパワーが復活しているというのであれば聞く価値はあるだろう。とりあえずは、ころんが早くハクムーンの最新ライヴ盤を買って来ることを望む。以上、今回の北川稽古を終了する。

試聴はコチラ

2012年12月24日 (月)

酩酊音楽酒場~SHAKILA 「SILENT LIPS」

Pshakila001
 皆さんこんばんは~。ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは在米イラン人歌手シャキーラの05年盤で、通称「羊たちの沈黙盤」と呼ばれている(←呼ばれてないでやんすbyころん)ブツですよ!お口に蝶(蛾かな?)のジャケなんて、見たら買わないワケにはいかないでしょ?ころんさんの話では、「このブツ、以前レコオヤジさんのブログで見た時からめっさ聞きたかったんでやんすよ。だからプランテーションで見つけた時は、飛び上がるぐらい嬉しかったですね~」ですって。はいはい、見つかって良かったね~。

 実はころんさんも私もペルシャ系の音楽に関しては殆ど何も知らない状態で、聞いたことがあるのはグーグーシュ数枚とレイラの昔の盤ぐらいなんですよね~。本当はもっと色々聞いてみたいんですけど、ペルシャ系の音楽ってなかなか出会いが無いですからね。まあこの手の音楽って聞き手が極端に少ないでしょうから、なかなか入手が難しいんだと思いますけど。でも今回はラッキーなことにころんさん憧れのシャキーラさんに出会えたワケですから、私もじっくりと聞いてますよ!

 ペルシャ系の音楽と言うと、私はすぐにタハリール唱法なんてモノを思い出しちゃうんですけど、シャキーラさんはこのブツでは殆ど使っていませんね。まあぶっちゃけ言うと、シャキーラさんってそんなに歌が上手い方ではなくて、どっちかと言えば雰囲気で聞かせるタイプのような気がするので、歌唱力的にちょいと厳しいのかな~って気がしないでもないですけど。でもアチラ的な雰囲気は十分味わえますから、楽しめるブツではあると思いますよ!

「タハリール唱法は世の歌手の憧れ・・・かな?」byななみー
Phiwaiinana004

 滅多に聞けないペルシャ系音楽ですけど、やっぱり文化的にはアラブの音楽に近いですね。シャキーラさんはアラブの歌手みたいに濃厚で重厚な感じではないですから、ライト感覚で聞き易いと思いますけど、最近はアラブの歌手にはライト感覚な人も出て来ていますので、そうなって来るとペルシャとアラブの違いは、私みたいなシロートにはなかなかわからないですね~。シャキーラさんが実はエジプトの歌手だと言われても、「へ~そうなんだ」なんて、素直に信じてしまいそうだし。アラブ系の音楽よりは、ロックとかジャズとかの影響はもっと強いような気はしますけど、実際はどうなのかな?

 まあそんなマニアックな違いなんてわからなくても、シャキーラさんの音楽はライト感覚な分ポップで楽しめますから、「楽しいならそれでOK!」って気はしますけどね。ころんさんがよく言うことですけど、「自分が聞いて楽しければ、それでOKでやんすよ」ってことで、私もイイんじゃないかと思います。とりあえずは無責任に楽しませてもらって、マニアックな追求はその後にしようかな~なんて。

 以上、珍しくペルシャ系音楽を取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした!DJはヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーでした~!あと、下に試聴を貼り付けておきますので、良かったら聞いてみてね!それじゃあまたね~♪


「とりあえず1曲、ちょっと沈んだ雰囲気の曲です。シャキーラさんって結構な年増ですけど、カワイイ感じの人ですね。」→コチラ

2012年7月28日 (土)

酩酊音楽酒場~KATIA 「KATIA」

Pkatia001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」は、レバノンの歌手カティアの04年のアルバムを取り上げますね!ころん棚でこのブツを見つけた時、思わず「あら~、アナタ美人じゃない♪」なんて思っちゃったんですけど、ブックレットにもこの人の美人写真が満載ですわよ!私は美人さんとかカワイ子ちゃんが大好物なのよね~・・・って、そんなことは別にどうでもいいんですけど、タイとかフィリピンにもいそうなこの顔立ち、何だかとっても親しみ易いと思います。

 まずはルックスで惹かれちゃったんですけど、歌を聞いてまた惚れ直してしまいました!「あら~、アナタって歌もステキじゃない♪」って感じで、胸がキュンキュンとトキメいちゃいますわよ~。だってとにかく歌声が可憐で綺麗なんですもの。ちょっと線の細い歌声なんですけど、だからこそ控え目でしっとりとした情緒が漂っていて、それでいて何だか妙に艶かしい雰囲気もあるんですよね~。アラブ歌謡ってドロドロとして濃厚な味わいのモノが多いって印象があるんですけど、カティアさんの歌はアッサリしていて、私みたいなアラブ音楽初心者にはとっても聞き易いと思います。アッサリだけど歌はしっかりしていますし、相当に上手いと思います。

 音作りは前に取り上げたエリッサさんやナンシー・アジュラムちゃんと同じく打ち込みを中心にしているんですけど、このブツはかなり音の工夫があるように聞こえますね。単なる歌の伴奏として作ったって感じじゃなくて、カティアさんの歌声と有機的に絡み合っているって感じなんですよ。その辺はタイのルークトゥン歌手アーン・ザ・スターのブツで聞ける音作りに共通するものがあると思いますね~。打ち込みの音もイケてるんですけど、ダルブッカの躍動感とかストリングスの響きはいかにもアラブ的ですし、全体としてはアッサリ味ではあっても、とても充実したアラブ歌謡を聞いているって気になれると思いますよ!

「充実のアラブ歌謡ですわよ♪」byななみー
Phiwaiinana022

 まあカティアさんみたいな歌手は、本格的なアラブ音楽ファンには薄口に感じられて敬遠されるのかもしれませんけど、ルックス・歌声・音作りの全てが充実していますから、万人にオススメ出来ると思うんですよね~。カティアさんみたいな歌手がたくさんいるなら、アラブ歌謡の泥沼にハマってみるのも悪くないな~なんて思うんですけど、どなたか、薄口だけど本格派のアラブ女性歌手の情報って教えていただけません?

 以上、薄口充実アラブ音楽を取上げました、「酩酊音楽酒場」でした!下に試聴を貼り付けておきますので、よかったら聞いてみてね。DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当、あなただけのななみーがお送りしました。またね~♪


「とりあえず1曲、いい感じですよ。」→コチラ

2012年7月26日 (木)

酩酊音楽酒場~NANCY AJRAM 「AH WU NOS」

Pnancyajram001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーだよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」は、レバノンの歌手ナンシー・アジュラムの04年盤を取り上げます。先日取り上げたエリッサさんもレバノンの歌手だったけど、ナンシーちゃんはエリッサさんとは違ってアイドル歌手ですよ!まあアイドル歌手と呼ぶにはあまりに貫禄あり過ぎな顔ですけど(八代亜紀か!)、声はアイドルらしくとてもカワイイので、萌え~って感じになれると思いますよ!

 ころんさんが言ってたんですけど、「アラブ音楽は世界で一番敷居の高い音楽だ」とか何とか。まあころんさんはアラブ音楽初体験がモハメッド・アブドゥル・ワハーブとウム・クルスームだったらしいので、そりゃあ拒絶反応も出るでしょうし苦手意識も出るでしょうよ。わたしはフェイルーズが一番最初だったので、別に敷居が高いなんて思わないんですけど、大好きなアフリカ音楽に比べたらちょっととっつき難いかな~という感じはしますね~。でも、もしこのナンシーちゃんが初体験だったら、アラブ音楽に夢中になってたかもしれません。

 ナンシーちゃんの何がそんなに良いかって、さっきも言った通り声がカワイイというのもありますし、アイドル歌手なのに歌い回しが軽やか且つとてもしっかりしていて、凄い実力派だってこともあります。そしてバックの音作りが、エリッサさんみたいな打ち込みを多用した中途半端にダサい音なんてことは全くなくて、もちろん打ち込みを多用してはいるものの、ダルブッカやストリングスの音を強調することで、ビート感や肉体的な躍動感をしっかりと出すことに成功しています。だから聞いていてとてもスッキリ爽やかな気分になっちゃうんですよね~♪

「ナンシーちゃんはスッキリ爽やか!」byななみー
Phiwaiinana051

 アルバム1枚を通して聞くと、歌声がちょいと一本調子に聞こえる部分もありますけど、このアルバムはナンシーちゃんがまだ21歳の時の作品ですから、勢いで押す形になってしまったということなんでしょうね。その後は色々と歌い込んで行くことで、多分キッチリと改善されているんじゃないかと思います。まあ押し一辺倒というのも若さゆえということで、微笑ましく感じられるんですけどね!何をやっても結局はカワイイナンシーちゃんなのでありました。何だかナンシーちゃんのアルバムを全部聞きたくなって来たな~ってことで、ころんさん、ナンシーちゃんのブツをよろしく!

 以上、とってもステキなアラブ音楽を取上げました、「酩酊音楽酒場」でした!下に試聴を貼り付けておきますので、よかったら聞いてみてね。DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当、あなただけのななみーがお送りしました。またね~♪



「まずは1曲、ノリノリで楽しい曲ですよ!」→コチラ

「もう1曲、何だかとってもアラビア~ン♪」→コチラ

2012年7月18日 (水)

酩酊音楽酒場~ELISSA 「TESADA’A BEMEEN」

Pelissa001
 みなさんこんばんは!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーだよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、レバノンの歌手エリッサの09年盤です。これは随分前にころんさんが神戸かどっかでゲットしたブツなんですけど、まともに聞くこと無く棚に埋もれてしまっていて、この度私がめでたく発見したのでありました!私はアフリカ・アラブの音楽担当なんですけど、そう言えばアラブの音楽は今まで一度として取り上げたことが無いので、今回は埋もれていたコレをネタにしようかと思ったのでした。

 これまでアラブ音楽を取り上げなかったのは、アラブ音楽が嫌いだからとかじゃなくて、単にアフリカ音楽の方が好きだからってだけなんですけど、ころん棚にはアラブ音楽がとても少なくて、なかなかアラブ音楽に目が行かなかったんですよね~。まあ今回はたまたまコレが目に付いたんで取り上げることにしたんですけど、ころんさんがもう少しアラブ音楽に親しみを持ってくれないとね~、私としてもちょっと取り上げるチャンスが少なくなっちゃいます。

「もっとアラブ音楽も聞かなくちゃね!」byななみー
Phiwaiinana005

 アラブでは非常に人気があるらしいエリッサさんですが、アラブにしては露出の多いルックスが目を惹きますね~。結構おばさんだけど顔立ちは整ってますし、相当な巨乳!アラブだけではなく、世界中の男子の視線を釘付けにするヒワイイ年増だと思います。解説によると、ルックスだけでなく魅力的な歌声もあって人気だとのことなんですけど、ぶっちゃけ言うと、私はこの人の歌声にはあまり惹かれないんですよね~。どちらかと言えば響き成分の少ない歌声で、顔の割には品の無い声って気がします。解説には「絹のように滑らかな触感のヴォーカル」って書いてありますけど、「どこが?」って感じなんですよ。結構ザラついていて、「このタオル痛い~」なんて言いたくなるような感触だと思います。

 しかも、打ち込みを多用した中途半端にダサい音作りもあんまりイケてないですし、このバックでこの歌を聞かされても、全然ノレないって言うか、何だかカッコつけようとしてるだけで、肉体間とか躍動感とかが全然無い音楽って感じてしまうんですよ。まあエリッサさんのファンからすれば、「オマエは全然聞き所がわかってない!」ってことになるんだと思いますけど、今の私の耳には、どう聞いてもこの人が魅力的な歌手だとは思えません。すいませんね~・・・。

 というワケで、個人的にはどうしてコレの評価がそんなに高いのかがよくわからないままでした。もしかしたら私って、ころんさんと同じでアラブ音楽との相性が悪いのかな?とりあえずはもっと他のアラブ音楽も色々と聞いて行こうと思った、ある夏の蒸し暑い日の夜でした~♪

 以上、ちょっと残念なアラブ音楽を取上げてしまいました、「酩酊音楽酒場」でした!下に試聴を貼り付けておきますので、よかったら聞いてみてね。DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当、あなただけのななみーがお送りしました。またね~♪


「まずは1曲、ルックスはいいんですけど、やっぱり音がダサいかな?」→コチラ

「もう1曲、良い曲だと思うんだけど、やっぱり音作りのせいでイマイチな感じが・・・。」→コチラ