Powered by Six Apart

« 2013年8月 | メイン

2013年9月

2013年9月 2日 (月)

激しくどうでもいい話~しろくまカフェ

Shiro003_3
 本当に物凄くどうでもいい話なんですが、「しろくまカフェ」というアニメをご存知でしょうか?基本的にワタクシの趣味は音楽だけですので、アニメを見ることなんて普通は全然無いんですけど、昨年4月から今年の3月にかけて夕方に放送していたこのアニメは、メチャクチャ好きで毎週見ておりました。とは言っても最初から全て見たワケではなくて、昨年8月頃にこのアニメを放送していることを知りまして、それ以降は大体見ていた次第であります。大半は録画しましたので、現在もちょくちょく見ております♪

 このアニメは「しろくまカフェ」というタイトルの通り、しろくまがヤッテいるカフェが主な舞台となっていまして、そこに登場するのがマスターのしろくま君、常連客のパンダ君やペンギンさん、店員の笹子さん、その他色々なキャラクターであります。ここでは動物と人間が同じ言葉を喋って同じように生活していまして、有り得ない日常をホンワカと描いているところに癒されるんですよね~。基本的に話はしろくま君、パンダ君、ペンギンさんを中心に展開されるのですが、カワイイ動物達の姿ととぼけた会話が笑いと脱力を誘う、とてもステキなアニメだと思います。

「吸わないで~!」byパンダ君
Shiro002_3

 まあいくら色々と書いたところで、実際に見ないと何もわからないとは思いますので、もし興味がおありの方は、YOUTUBEか何かで検索して見ていただけたらと思います。あまりのゆる~い感覚に、イヤになるかハマってしまうかは人それぞれだと思いますが、の~んびりゆる~いグルーヴの音楽がお好きな方であれば、この脱力感溢れる癒しの波動は伝わるのではないかと思います。

 ちなみに、ワタクシは登場キャラクターの中では特に「常勤パンダさん」が大好きで、中年の悲哀が漂う姿がとてもカワイイんですよね~。この常勤パンダさんがシンガポールに転勤になって、急にいなくなってしまう話があるのですが、常勤パンダさんがいなくなって泣いてしまうパンダ君を見て、わっちは本気でもらい泣きしてしまいましたよ。イヤイヤ、今になってアニメ如きにハマってしまうなんて思いもしませんでしたが、ジブリだの出銭ー(ディズニーね)だのに比べれば、天と地ひろ程の差があるステキアニメでございます。めっさ好きです~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「挿入歌ですが、わっちの大好きなRIE-FUが関わってます。ステキな曲ですよ♪」→コチラ

「もう1曲、常勤パンダさんの歌です。」→コチラ

2013年9月 1日 (日)

HIEN THUC 「THIEN SU」

Phienthuc007
 ベトナムの歌手ヒエン・トゥクの2011年のアルバムです。チン・コン・ソン曲集でございますね。昨年11月にプランテーションに行った時にゲットしたブツなのですが、ボログで取り上げるのをすっかり忘れてしまってましたね~。昨年からウォークマンに落としておりまして、特に寝る時のBGMとして聞くことが多いブツなのですが、大体1曲目から2曲目で眠ってしまいますので、ほとんど聞き通した覚えがありません。まあそれ程までに心地好い音楽なんですけど、やはり一度はちゃんと聞き通しておくべきかな~ってことで、この度やっとしっかりと起きた状態で聞くことにした次第でございます。

 まあこのブツにつきましては既に各所で言われていますが・・・って、アルバイテンさんのブログともう一箇所でしか取り上げられているのは見たことがないですけど、最近のベトナム歌謡の中でも出色の高品位なアルバムでございまして、夢見心地のしっかりした音作りと、ベトナムらしいしっとりした情緒が融合した、素晴らしい逸品であります。言ってみれば大人の為の子守唄という感じでございまして、湿り気を帯びながらもベタつかないヒエン・トゥクさんの優しい歌声と、少ない音数で思わずまどろんでしまうような空間を作り上げるバックの演奏が、とても心地好い眠りを演出してくれるのであります。この音楽は、おそらくですけど、誰にでも受け入れられるんじゃないですかね~。

 誰にでも受け入れられるとは言っても、ベトナムらしさを薄めて聞き易くしているのではなくて、強固なベトナムらしさはしっかり持っているんですけど、それでいて誰の耳にも優しく響く音楽って感じでございます。ベトナム音楽の奥深さをここまでさり気なく聞かせてくれる作品って、いくら最近のベトナム音楽のレベルが急激に上昇しているからと言っても、他にはなかなか無いと思いますね~。興味がおありの方は、無くならない内にゲットしておいた方が良いかと思います。東南アジアのブツは、すぐに入手困難になりますので・・・って、既に入手困難かもしれませんけど。

 実は今年はまだ一枚もベトナム音楽のブツを買っていないんですけど、こういう作品を聞いてしまうと、再びベトナム音楽熱が再発してしまいそうですね~。まあ昨年プランテーションでゲットしたベトナムのブツがまだ多々あるのと、今年のベトナムはブツのリリースが少ないということもありまして、新譜を色々と聞きたいという状況にはなっていないのですが、やはりベトナム音楽はわっちにとって常に気になる存在であります。更なる注目盤が出て来るまでは、このヒエン・トゥクの傑作をじっくりと聞きながら気長に待つことに致します。

「とりあえず1曲、キラーな一発でございます。」→コチラ