Powered by Six Apart

« RUFUS THOMAS 「THE PLATINUM COLLECTION」 | メイン | 興味津々音楽探求~THE BULGARIAN VOICES ANGELITE 「ANGELINA」 »

2013年8月20日 (火)

酩酊音楽酒場~GRAND MAITRE FRANCO & SEIGNEUR ROCHEREAU 「LISANGA YA BANGANGA」」

Pfrancorochereau001
(ころんから一言)
 前に「激しくどうでもいい話」として、タワレコの2000円分のポイントで何をゲットするかウダウダと書きましたけど、結局はフランコ&ロシュローの2枚組をゲット致しました。とにかく買って大満足のブツなのでございますが、ネタはななみーに書いてもらうことにします。それではななみー、お願いします。

(ななみーより)
 皆さん今晩は~。ヒワイイ大使のななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げますのは、今後の二大リンガラ・スター、フランコ先生とロシュロー先生の夢の共演盤です!83年頃の録音ですけど、今年リイシューされたのかな?このブツは、敵対する2人がグラン・カレが亡くなったことで突如としてタッグを組んで出したという、4枚のアルバムから編集された作品です。全11曲入りなんですけど、元々の4枚のアルバムに何曲入っていたのかは知りません。曲数からすると、何だか少ないって気がしますけど、1曲15分とか20分の長尺曲が多いですから、たっぷりと両先生の音楽に浸ることが出来ますよ!

 それにしてもこのブツ、本当に素晴らしいですよね~。ゆ~ったりしたグルーヴに優しくて甘美なメロディ、キラキラ輝くようなギターの音、柔らかい極楽ホーンの音、絹のように滑らかなコーラス、フランコ先生の野太い歌声とロシュロー先生の丸っこくて甲高い歌声、もう何もかもが素晴らしくて、身も心もとろけてしまいますわよ♪出来ることならず~っとず~っとこの音楽に浸り続けていたいって気持ちになってしまいますね~。あ~、何でこんなに素晴らしいんだろ?

「素晴らし過ぎますわ♪」byななみー
Phiwaiinana057

 まあ私も両先生のブツは色々と聞いて来ましたので、中には聞いたことがある曲もいくつか入っているんですけど、知ってる曲であっても聞く度に新鮮なので、いつでも楽しく浸ることが出来るんですよね~。あ、でも実はDISC2の2曲目のスローでマイナー調の曲は、フランコフォニック2で聞いた時はあんまり好きになれなかったんですけど、今回のブツでしつこく繰り返し聞き続けていたら、段々と好きになって来てしまいまして、今では大好きな曲になってしまいましたわよ♪もうフランコ先生の曲に、好きじゃない曲なんてありません。

 ところでこのブツのオビには、DISC1はフランコ先生が、DISC2はロシュロー先生が中心になっているって書いてあるんですけど、どう聞いてもどっちもフランコ先生が中心なんじゃない?1曲だけフランコ先生とロシュロー先生が一緒に書いてるけど、他は全部フランコ先生の曲だし、フランコ先生の野太い声が結構目立つので、ロシュロー先生は単なるゲストみたいな感じがしちゃうんですけどね~。とは言え、ぶっちゃけそんなことはどうでも良くて、とにかく全てが素晴らしいんだから、それでOKでしょう。

 曲の充実度はDISC1の方が高いと思いますけど、特に4曲目は悶絶する位に素晴らしくて、この曲だけ何度リピートしても全く飽きないですね~。まあリンガラを聞き慣れない人が聞けば、どれもこれも同じような曲ばっかりで、しかも同じフレーズをひたすら反復しているだけの音楽に聞こえるんでしょうけど、一度このゆ~ったりした大らかなグルーヴにハマってしまうと、泥沼の魅力があることに間違いはありません。皆さん、私と一緒にリンガラの泥沼にハマってみませんか?

 以上、あまりに素晴らし過ぎる音楽を取り上げました、「酩酊音楽酒場」でした!下に試聴を貼り付けておきますので、良かったら聞いてみて下さいね!DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪


「とりあえず1曲、私が一番好きな、悶絶する位に素晴らしい曲です。」→コチラ

コメント

コメントを投稿