Powered by Six Apart

« MARIA McKEE | メイン | CHRIS CONNER 「SINGS LULLABYS OF BIRDLAND」 »

2013年8月17日 (土)

BRUCE SPRINGSTEEN 「THE COLLECTION 1973-84」

Pbrucespringsteen005
 先日ブックオフをプラプラしていますと、500円棚のオムニバス盤コーナーにちょっと目立つ赤いボックスがあるのに気が付きました。何じゃコレ?と思って手に取ってみると、何とブルース・スプリングスティーンのデビュー盤から「BORN IN THE U.S.A.」までの7枚のアルバムをセットにした、凄まじいボックス・セットではないですか!実は結構スプリングスティーン(長いので以下スプやん)好きのわっちは、スプやんの初期のアルバムは全部聞いてみたいと思っていましたので、願ったり叶ったりであります。喜んでゲット致しますた!しかも7枚セットで500円ですからね~♪この中には既に持っているブツが3枚含まれているんですけど、全然構いまへん!

 ところで何故わっちはスプやんが好きかと言いますと、何だかとても面白いじゃないですか、このおっさん。本来は物凄く真面目で根暗なおっさんだと思うのですが、感情が爆発した時に発揮する凄まじいパワーが半端じゃないですし、カッコいいとか悪いとか関係無しに、ジタバタともがいて悪あがきしているような姿に、とても親しみを感じるのでやんす。何と言いますか、とても正直なおっさんって気がするんですよね~。陰々滅々としながらのた打ち回って、泥まみれになりながらも立ち上がって前に進もうとする意思が感じられまして、とても人間的なおっさんだな~って思うのであります。ぶっちゃけカッコ悪いんですけど、でも何てカッコいいんだろう、な~んてね。

 まあわっちは、躁状態でノリノリ・ロックンロール・バカが炸裂しているエレクトリック・スプやんが大好きでありまして、トム浄土の幽霊がどーたらこーたら歌っているような欝状態のアコースティック・スプやんは好きではないんですけど、だって根暗なおっさんが本当に暗い音楽やってたら救いようがないでやんしょ?でも最近の異常な暑さのせいでトチ狂ったのか、このボックスの中で唯一のアコースティック・スプやん盤「ネブラスカ」を、真っ先に恐る恐る聞いてみたのですが、アメリカン・ゴシックの世界に繋がるような音楽性の奥深さに、わっちは驚いてしまったのでありますた!根暗が呼び寄せたメリケン・ゴシックの世界。アコースティック・スプやんも、ジタバタとカッコ悪くて面白いではないですか♪

 このボックス、7作品も入っていますので、全部聞き終わるのはいつになるかわかりませんけど、このおっさんの歴史を辿りながら発売順に聞いて行きたいと思っております。気が向けば個々のアルバムをネタにしてみようかな~と思いますが、気が向くかどうかは定かではございません・・・。あと、今回は試聴の貼り付けは無しでやんす。

コメント

コメントを投稿