Powered by Six Apart

« 激しくどうでもいい話~不可解な動き | メイン | 「THE SOUL OF DETROIT」 »

2013年8月 7日 (水)

BETTY BLAKE SINGS IN A TENDER MOOD

Pbettyblake001
 皆様今晩は。私老化防ぎ隊の理亜です。大変にご無沙汰しております。最近はなかなか出る幕がありませんが、私の事を覚えていただいておりますでしょうか?私老化防ぎ隊に理亜というメンバーがいることを、ご記憶の片隅にでも留めておいていただけたら、幸いに存じます。

 さて、今回私が取り上げますのは、アメリカのベティ・ブレイクというジャズ歌手が、58年にベツレヘム・レーベルに遺した唯一のアルバムです。最近ころんさんがちょくちょく買って来る、ベツレヘム・オリジナル・アルバム・コレクションというシリーズの一枚です。オリジナル盤のストレート・リイシューのシリーズですが、1枚1000円という値段設定が嬉しいですね。最近は昔の録音物を1000円程で買えるシリーズが続々と出て来ていますので、色々な作品を買うチャンスが増えていますよね。一消費者としてはとても嬉しい事だと思っておりますが、欲しい物が続々と出て来ていますので、かえって出費が増えてしまったなんてことになりかねず、少々複雑な気分にもなってしまいますね・・・。

「暑い日々が続いておりますが、私の懐は一年中寒いです。」by理亜
Pria003

 私のお寒いお財布事情はどうでもいいとして、このブレイクさんのアルバムは、ベツレヘムのヴォーカル作品の中でも屈指の名作と評されている一枚です。バックにはズート・シムズ、ケニー・バレル、マル・ウォルドロン等の錚々たるメンバーがズラリと揃っていますので、そのメンバーの名前だけで聞いてみたくなる方もいらっしゃることでしょう。ただ、ジャズ素人の私には、ここで聞くことが出来る高名なメンバー達の演奏がどれ程素晴らしいものなのか、残念ながらよくわかりません。この演奏の聞き所がおわかりの方に、是非ご教示いただきたいと思っております。

 主役のベティ・ブレイクさんの歌は、落ち着いた熟女というタイプの声ですので、この声だけでOKという方もいらっしゃると思いますが、実はブレイクさんは39年生まれで、このアルバムの発表が58年ですから、当時19歳だったことになります。まだ十代なのにこの落ち着きは、一体何事なのでしょうか。ころんさんは「南蛮人は歳を取るのが早い」などと差別的発言をしていましたけれども、確かに白人の方々は成熟するのが早いようですね。「その分一気に老けて肥大化する」というのも、ころんさんの発言ですが、全ての方がそうではないにしても、一般的に当てはまるように思われます。

 とても落ち着いていて、じっくりと聞くのに向いているベティさんの歌ですが、個人的には少々節回しが重いように感じられます。アップ・テンポでもスローでも、もっさりとした足取りの重さみたいなものが感じられてしまいまして、ノリの良さが無いように聞こえてしまいます。ころんさんは「既に老化初期現象の肥大化が始まっていて、軽やかなステップなんて踏めなかったんでやんすよ」などと言っていましたが、おそらくはこの熟女声が、今一つ軽やかさに繋がらなかったのだと思います。まあ、これは個人的な見解ですので、皆様にはご自分の耳でお確かめいただきたいと思います・・・が、試聴が見つかりませんでした。申し訳ありませんが、今回は試聴の貼り付けは無しとさせていただきます。ご了承下さいませ。

コメント

コメントを投稿