Powered by Six Apart

« DON COVAY 「THE PLATINAM COLLECTION」 | メイン | 赤点先生の音楽添削~PHILIPPE WYNNE 「STARTING ALL OVER」 »

2013年7月 2日 (火)

興味津々音楽探求~JOVELINA 「PEROLA NEGRA」

Pjovelina001
 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、ブラジルの歌手ジョヴェリーナの86年のデビュー盤で、邦題は「サンバの黒い弾丸」です。デビュー盤とは言っても、当時既に40歳を越えていたそうですので、かなり遅いデビューですね~。

 ところで前回はアニセート・ド・インペリオのアルバムを取り上げて、パルチード・アルトに興味津々になってしまいましたので、、ころんさんにパルチード・アルトのアルバムが他に無いか聞いたところ、「解説にパルチード・アルトって書いてありますよ」ってことで、ジョヴェリーナさんのこのアルバムを持って来てくれました。「やった~!」と思ったら、ころんさんがボソっと一言、「中原仁って人の解説なので、あんまり信用出来ないですけど」ですって。信用出来ないって?

 とりあえず興味津々でこのアルバムを聞いてみたんですけど・・・これってパルチード・アルトなんですか?解説によると収録曲の大半はパルチード・アルトということなんですが、一体どの曲がそうなんでしょうか?解説には、パルチード・アルトとは「同じテーマをコーラスがリフレインしソロが答えるというスタイルの事」と書いてあるのですが、何だかさっぱりわかりません。アニセートさんのアルバムを聞いて、わたしはパルチード・アルトって、「簡素な伴奏で歌われるコール&レスポンス」というイメージを持っていましたので、普通のサンバとあまり変わらない賑やかな伴奏のこのアルバムの音楽は、一体どこがパルチード・アルトなのか、全然わからないのです・・・これって普通にサンバじゃないんですか?

「何だかよくわからないんです。」byめぐりん
Phiwaiimegu053

 別にパルチード・アルトということを意識しないで聞けば、ジョヴェリーナさんの迫力たっぷりの黒っぽい歌が冴える、賑やかで楽しいサンバだと思うんですけど、これをパルチード・アルトと言われるとですね~、何だか違和感があるっていうか。アニセートさんのパルチード・アルトと全然違いますので、正直言って戸惑っています。せっかくの楽しい音楽のはずなのに、余計な解説に余計なことが書いてあった為に、楽しめなくなってしまったって感じです。あ、でもころんさんが「信用出来ない解説」とか言ってましたし、だったら信用しなかったらいいんですね!そうしましょう♪これからはこのアルバムは、黒っぽい歌唱のサンバということで楽しんで行きたいと思います。

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。今回は試聴が見つかりませんでしたので、試聴の貼り付けは無しです。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪

コメント

コメントを投稿