Powered by Six Apart

« 赤点先生の音楽添削~ARTHUR CONLEY 「I’M LIVING GOOD 1964-1974」 | メイン | 激しくどうでもいい話~音盤編 »

2013年7月26日 (金)

DIA FRAMPTON 「RED」

Pdiaframpton001
 この時期はタワレコで290円セールをやっていますが(日本全国そうなのかな?)、そこで見つけてしまったのが、メリケンだかエゲレスだかは知りませんけど、どっかの国の歌手ディア・フランプトンの2011年盤であります。ジャケが妙に可愛らしかったので、思わずゲットしてしまいますた。290円だし、失敗してもいいかな~って感じで。

 それにしてもこのジャケ、カワイイですよね~♪芝生(かな?)に寝転ぶ可愛らしい女子の図、素晴らしいではないですか。しかも、いかにも白人というような金髪娘じゃなくて、髪が黒くてちょいとアジアっぽい雰囲気なのが良いと思います。この娘が白人なのかどうかは知りませんけど、何にしても黒髪というのがまずはイイですね~。やっぱり若い娘は金髪よりも黒髪ですよ、黒髪。そう、カワイイ娘は黒髪に限るのでやんす!ヒワイイ大使にだって金髪や茶髪のメンバーはいませんし、私老化防ぎ隊にも裸のロリーズにも・・・あ、私老化防ぎ隊の理亜は金髪でしたね。

「金髪ですいません。」by理亜
Pria024

 というどうでもいい話はさて置き、なかなか可愛らしいディア・フランプトンちゃんですが、このルックスで萌え萌えのカワイイ舌足らずな歌声で、フォークっぽい音楽でもヤッテくれていたら最高なんですけど、その辺はちょいとアテが外れてしまいましたね~。声自体はカワイイんですけど、透明感がある声ではなくて、ちょいと雑味成分があると申しましょうか、あまり響きのよろしくない声でありますな。まあ十分に許容範囲内の声ですから問題は無いんですけど、どうせだったらトラッド界のアイドル、カーラ・ディロンちゃんみたいな声であって欲しかったな~、なんて思ったりして。

 で、やっている音楽もフォークっぽいモノではなくて、フツーに若者らしいポップ・ロックであります。特に新鮮味があるワケではないんですけど、ポップなメロディが揃っていますし、等身大の自分を表現している所に好感が持てますね。それに、やはりルックスと声がカワイイというのは大きいです。やっぱりルックスが良いというのは、音楽の評価にも影響しますよね~♪

 それに10曲で約36分という、今時あり得ない位に曲数が少なくて時間が短いというのが、実に良いではありませんか!最近の連中のブツは、ダラダラと長過ぎでやんすよ。15曲とか入ってて60分以上もあるブツなんて、とても聞いてられやしまへん。ベスト盤じゃあるまいし。やっぱりわっちは、10曲入り40分位のアルバムがイイですね~。その点でディアちゃんのブツは合格であります。

 うーむ、なかなか好ましい娘ではないですか、と思ってネットで色々検索してみたら、この娘、以前はメグ&ディアという姉妹デュオで活動していたんですね。実はわっちはこのデュオのブツを持っていたのですが、今年のCD大整理で売り払ってしまっていますた!しまったしまった島倉千代子!こんなことなら売らなければ良かった、と思う今日この頃でありますが、まあ売ってしまったモノはしょーがないですね~。その代わりこのブツに出会えたのですから、良しとしておきましょうか。

こちらがメグ&ディア。どっちがディアかよくわからんけど。
Pmegdia001

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、繊細且つダイナミックで、なかなかイイ感じでございますよ。」→コチラ

「もう1曲、可愛くてカッコいい曲かと。」→コチラ

コメント

コメントを投稿