Powered by Six Apart

« THE CARTER FAMILY 「WILDWOOD FLOWER」 | メイン | 興味津々音楽探求~ANICETO DO IMPERIO 「PARTIDO ALTO NOTA 10」 »

2013年6月27日 (木)

BLACK HEAT 「BLACK HEAT」「NO TIME TO BURN」

 先日ジャケが印象的な75年の「太陽に走れ!」盤を取り上げました、メリケンのファンク・バンド、ブラック・ヒートの72年のデビュー盤と74年の2枚目のブツであります。とりあえずデビュー盤は「皆既日食」盤、2枚目は「ダサイラスト」盤とでも名付けておきましょうか。3枚とも例のアトランティックR&Bベスト・コレクション1000円シリーズのブツでございます。このシリーズ、本当に色々な盤がリイシューされていまして、ついつい手が出てしまうんですよね~。

こちらが「皆既日食」盤
Pblackheat002

 ブラック・ヒートというバンドについては、このシリーズで初めて知ったんですけど、レア・グルーヴ・マニアの間では結構有名なバンドらしいですね~。まあサンプリング・ネタとして有名なだけで、アルバムの内容が正当に評価されているワケではないみたいですけど。この連中が残したのはたった3枚のアルバムだけなんですが、この3枚をレア・グルーヴ・マニアだけのモノにしておくのは、あまりに勿体無いと思います。ハッキリ言いますが、3枚とも素晴らしい傑作だと断言致します!

こちらが「ダサイラスト」盤
Pblackheat003

 何がそんなに素晴らしいかって、どこを切っても溢れ出て来る怒涛の黒いグルーヴでありますよ。ドラム、パーカッション、ベースが紡ぎ出す図太いリズムが屋台骨を作り、その上をトランペット、サックス、フルート等の管楽器群やギターが縦横無尽に駆け巡り、ソウル炸裂の飾り気の無いヴォーカルが歌いまくるという、「これぞ黒人音楽!」と言いたくなるような音楽に仕上がっていると思います。甘さなど微塵も無い、手に汗握るハードな真っ黒いファンクの嵐でございます。ジャズっぽさやロックっぽさもしっかりとありますし、まさに極上のファンク・ミュージックと言えるでしょう。

こちらが「太陽に走れ!」盤
Pblackheat001

 この連中の3枚のアルバムはどれも甲乙付け難い作品でありますが、爆発的な勢いに溢れる「皆既日食」盤、ドロッドロの黒い汁が溢れるゴッタ煮の「ダサイラスト」盤、音的にちょっと整理された分スッキリとカッコ良くなった「太陽に走れ!」盤と、ファンク好きなら全部揃えておいて損は無い逸品ばかりだと思います。試しにどれか1枚となると「皆既日食」盤なんでしょうけど、う~む、やっぱりどれも素晴らしいですわ、ホンマ。「太陽に走れ!」盤でヤラレてしまったわっちは、他の2枚も一気に揃えてしまいましたが、このシリーズは完全限定生産らしいですから、ファンクがお好きな方なら無くならない内に黙って3枚揃えるべきだと思うのでやんす。

 ・・・などとわっちごときが言ったところで、誰も興味を持つ人はいないんでしょうけど、まあ聞けばわかる最高のファンク盤というのは間違い無いですよ♪それにしてもこんなに素晴らしいファンク・バンドが人知れずひっそりと埋もれてしまっていたワケですから、世の中には他にもまだまだ日の目を見ないお宝盤が眠っているのでありましょうね~。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「それでは『皆既日食』盤から1曲どうぞ。怒涛のファンクですね。」→コチラ

コメント

コメントを投稿