Powered by Six Apart

« 靴のお話 | メイン | 興味津々音楽探求~TELMARY 「A DIARIO」 »

2013年5月14日 (火)

MIZZ MINA 「WHAT YOU WAITING FOR」

Pmizzmina001
 先日ブックオフをプラプラしていて何となく250円棚を見ていたら、日焼けしたのかどうかは知りませんけど、色黒のちょいと美人っぽい姉ちゃんのブツを引き抜いてしまいました。パッと見、メリケンのR&Bに憧れた下品な日本人のビッチ・パッパラッパーのブツだろうと思ってすぐに戻そうとしたんですけど、裏を見たら「WARNER MUSIC MALAYSIA」と書いてあったので、思わずそのままゲットしてしまいました。マレーシアのR&Bって、結構面白かったりしますので。

 このブツは、マレーシア出身のミズ・ミーナという歌手なのかラッパーなのかDJなのかわからん女の、2010年頃のアルバムのようです。顔はなかなかカワイイっぽいんですけど、このメリケン風な汚らしいビッチ・メイクはやめてもらえないですかね~。せっかくのカワイイ顔が台無しですよ。日本のR&B系の女性歌手達もそうですけど、何故どいつもこいつもメリケンの汚らしくて下品な売女ファッションを真似するんでしょうか?汚らしいのは南蛮人どもだけで十分でやんすよ。アジアのR&B系の歌手達は、もっと自分のアジアらしさを意識して下さい。

 という話はさておき、このブツでございますが、わっちは最近の欧米のR&B系音楽は全然聞いていませんので、ここで聞ける音楽が欧米のR&Bっぽいのかどうかはわかりません。確実に言えるのは、あまりアジアっぽい情緒がある音楽ではないということですね~。でもだからと言って面白くないというワケではなくて、曲は意外にポップで聞き易いですし、何だか親しみ易い人柄を感じさせる微笑ましい音楽に仕上がっているのが、なかなかいい感じだと思います。

 音楽的には当然今時のR&Bなんですが、メロディを大事にしていることが窺える、ちょいとオッサレーな感覚のあるフュージョン的音作りは、最近のインドネシアやフィリピンのジャズ・ファンク系バンドに似たモノが感じられます。このアルバムには英語の曲とマレーシア語の曲が入っていますが、やはりマレーシア語の曲の方が他のアジア諸国の音楽との同時代性を感じられますね~。この手のアジアのR&B系音楽は、やっている本人達が気付かない所で、何かしらの赤い糸で結ばれているのかもしれない・・・なんて妄想すれば、ちょいと面白いですよね?

 この娘は特にラップや歌が上手いワケではありませんが、カッコつけようとしてあまりサマになっていないところがカワイイですし、ビッチ風のファッションをしながらもそれに染まり切れない中途半端さがあって、憧れはあるけれども不良っぽくはなれない人柄の良さみたいなのが感じられるのが、実に良いと思います。何だかちょいと応援してあげたくなってしまう、そんな魅力を漂わせた面白い娘だと思います。

 あと、このボログの読者の方で、この手の音楽に興味がおありの方がおられるとは思えませんので、試聴の貼り付けは致しません。

コメント

コメントを投稿