Powered by Six Apart

« 酩酊音楽酒場~FAIRUZ | メイン | 600回記念 »

2013年5月 5日 (日)

酩酊音楽酒場~DOBET GNAHORE 「NA AFRIKI」

Pdobetgnahore001
 みなさん今晩は!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、象牙海岸の女流歌手ドベ・ニャオレの07年のアルバムです。このブツは以前ブラック・ミュージック・マスターのquestao様が取り上げておられまして、その時にこの歌手のことを「ドベたん」と呼んでおられましたので、私もそれに倣ってドベたんと呼ばせていただきますわ♪

 ところでこのブツ、ブックオフの500円棚で発見したのですが、別にどうでもいい話なんですけど、ジャケットがえらく汚れているんですよね~。ドベたんのショボショボ顔のジャケットに萌えたワールド系音楽愛好男子が、ナニをナニして思わずナニをドピュドピュ発射しちゃって、ナニのシミが付いてしまったような感じなんですよね~。別にジャケを見ながらナニをするのは勝手ですけど、ナニのシミが付かないようにゴムは着けておくべき・・・じゃなくてジャケにビニールのカバーは被せておくべきなんじゃないかな~。それがジャケを見ながらナニする時の、ワールド系音楽愛好男子の最低限のマナーだと思う、ななみーなのです。発射する時は、裸のロリーズのアイリの顔面にどうぞ~♪

「アイリの顔に出して下さい!」byアイリ
Pairi015

 というどうでもいいお下品なお話はさて置きこのブツなんですけど、ショボい顔したジャケとは裏腹に、内容の方は本当に素晴らしいと思いますよ!前に「IVIRY COAST SOUL 2」というアルバムを取り上げた時に、この国の現在の音楽が気になるって書きましたけど、こんな素晴らしい人が育っていたんですね~。ヤッテいる音楽はアコースティックな質感を大切にした、とてもリラックスした心地好い響きを持つ「アコースティック・アフリカ」って感じの音楽で、ロクア・カンザさんとかアビブ・コワテさんとかココ・ムバシさんなんかと共通するところが多々あると思いますね~。優しい歌い口も、とっても魅力的ですわよ!

 音楽的には「IVORY COAST SOUL 2」で聞けたようなブリバリ・ファンキーな音楽とは違っていて、アフリカ各地の音楽の良い所をうま~く吸収しながら、とても軽やかに汎アフリカ的な音楽を作り上げているんですよね~。多様なアフリカ音楽の色々な要素がまろやか~に溶け合っていて、本当に魅力的な音楽に仕上がっていると思います。ドベたんって、実際は凄まじく才気溢れる人なんだと思いますけど、そんなことを微塵も感じさせない親しみやすさがあって、人間的にもきっと魅力溢れるステキな人なんだろうな~って思います。ワールド系音楽愛好男子が思わずナニをナニしてナニをドピュドピュ発射しちゃう気持ちも、少しは理解出来るような気がしますわよ♪

「私には発射しないで!」byななみー
Phiwaiinana054

 以上、ワールド系音楽愛好男子が思わず発射しちゃうアフリカ音楽を取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした!下に試聴を貼り付けておきますので、よかったら聞いてみてね!DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪


「まずは1曲、親指ピアノを使った哀愁漂う曲です。」→コチラ

「もう1曲、爽やかアコースティック・アフリカンですよ!」→コチラ

コメント

コメントを投稿