Powered by Six Apart

« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

OLIVES 「OLIVES」

Polives001
 久し振りにタイのブツでも取り上げてみようかな~ってことで、タイのアイドル・グループ、オリーヴスの昨年発売のアルバムです。今年2月のバンコク旅行で、サイアム・パラゴンのGRAMでゲットしたブツでございます。多分これがデビュー盤だと思います。6曲入りのミニ・アルバムCDと、それと同内容のPVを6曲分収録したDVDが2枚セットとなったブツです。179バーツ也。

 ところで最近のタイのアイドル・グループなんですが、ミニ・アルバムのCDにオマケDVD付の2枚組という形態のブツが乱発されていますけど、これってそんなにイイものですかね~。バンコク旅行の際には、実は他にもアイドル・グループのブツを買おうと思っていたのですが、この形での発売で300バーツ以上という値段が付いておりまして、あまりの高さに思わず買うのをやめてしまったのでありました。オリーヴスのブツは納得出来る値段でしたのでゲットしましたけど、折角タイまで行ってそんな高値で売られていたら、買う気なんて無くなりますよね~。

 という話はさて置きオリーヴスでありますが、最大手のグラミーから出ているブツの割にはかなりヘッポコ感が強いと言いますか、まるでKAMIKAZEの連中のような脱力感のある連中ですね~。しかもメンバー4人とも揃いに揃ってビミョーなルックスというのが、そぞろ哀れを催します。大して可愛くもない連中が精一杯の愛想笑いを浮かべながら歌い踊る姿は、それはそれで実にタイっぽくて、慣れて来ると段々カワイイと感じてしまうのが不思議。まあこうやって無邪気に楽しそうに歌っているのが、罪の無いアイドル歌謡って感じでございますな。イヤイヤ、困ったことに(?)、何度も繰り返して聞いている内にこの連中のことがどんどん好きになって来てしまったぞ・・・。

 最近はタイのアイドル歌謡なんてあまり聞いていないのですが、この連中は何だかドンピシャにハマってしまいそうなヘッポコな魅力を持った連中だと思います。東のヘッポコ横綱フォー・モッドと西のヘッポコ横綱ガーリー・ベリーの名前を聞かなくなった今日この頃、オリーヴスがその隙をついて三役クラスに飛び出て来たって感じでございますね!ヘッポコな歌唱にヘッポコなルックス、そしてしっかりした音作りとめっさ楽しいポップな楽曲という、素晴らしきヘッポコの要素をしっかり満たしたこのブツ、かなり素晴らしいんじゃないでしょうか?わっちは大好きですね~♪

 ・・・などと感じてしまったのは、多分体調がよろしくなくて、精神的に弱っているからでしょう(?)。明日からの仕事を考えると、めっさ気分がヘコんで来ます。う~む、風邪薬でも飲んでさっさと寝るしかないですかね~。ってことで、試聴を探すのが面倒なので今回は試聴の貼り付けは無しでやんす。失礼致しました~♪

2013年5月25日 (土)

体調がよろしくない!

 4月からの長時間通勤の疲れがたまって来たのか、体調がよろしくないです。喉が痛くて鼻水が出て肩や腰とか体の節々が痛くて、これは完全に風邪ですね~。困ったもんだ。体が弱ってくると、音楽を聞く気も無くなってしまいますし、とりあえずこの土日は寝込んで過ごすしかないです。さっさと治してしまわないと、月曜からの通勤がメチャクチャにキツくなりますしね~。

 それに、来週の月曜火曜水曜は先月の月末の週と同様に、もしかしたら泊まり込み?ぐらいの激務になりそうですので、早く治さないとマジで倒れてしまいます。しかも木曜は健康診断がありますし、このままでは思いっ切り不健康診断されてしまいそうです。再検査~とか何とか。う~む、転勤してからというものの、しんどくてたまらんですわ、ホンマ・・・などとグチっていても仕方ないので、今やれることをやるしかないですね。さっさと風邪を治すことに専念致します。

 以上、めっさどうでもいい話でございますた!失礼致しました~♪

「風邪の時は~、ソウル・ミュージックがイイんだよ~♪」byはりー
「マジですか?」byころん
Phiwaiihari012

2013年5月24日 (金)

酩酊音楽酒場~ABDEL HADI HALO & THE EL GUSTO ORCHESTRA OF ALGIERS

Pabdelhadihalo001
 みなさん今晩は!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、アルジェリアのシャアビ演奏家アブデル・ハディ・ハロの、07年のアルバムです。ハロさんという人は、シャアビの創始者と言われているモハメッド・エル・アンカの息子なんだそうですけど、シャアビ素人の私には「だから何?」って感じなんですが、まあ凄い人なんでしょう。

 ここに収録されているのは、アルジェリアの首都アルジェで行われたセッションらしいんですけど、オーバーダブとか全く無しの録音なんだそうです。そのせいなのか妙に生々しい臨場感があるんですけど、程好い緊張感の中にも余裕みたいなモノが感じられるのは、ベテラン達による演奏だからなのかな~って気がしますね~。でも聞いていると、例えばベテランが演奏するリンガラみたいなリラックスした楽しさとは全然違う、何だか切羽詰ったようなピリピリとした空気が感じられるのは、アラブの音楽ならではって思います。

 シャアビって音楽はアルジェリアの貧民街で生まれたらしいですけど、荒くれ者達が荒くれ者達の為に作り出した音楽って雰囲気が漂っていて、危険なストリート感覚に溢れているように感じられます。本当だったら近付くのも怖いような感じがするんですけど、これぞリアルで正当な大衆音楽って気もしますし、一度聞いてしまったら無視することなんて出来ないような求心力を持っていると思います。聞いていて楽しいって感じじゃないんですけど、聞かずにはいられないって気分になっちゃうんですよね~。なかなか不思議な音楽って言うか、困った音楽って言うか、ぶっちゃけよくわからない音楽なんですけど、ついつい繰り返し聞いてしまっている今日この頃です。

「ちょっと困ったちゃんだわ。」byななみー
Phiwaiinana019

 私がこの音楽を聞いていて感じるのは、前に「アルジェリア~ユダヤ人歌手たちの遺産」を取り上げた時にも言いましたけど、ターラブと共通する海洋性です。深く思索するようなウードの音に、流れるようなストリングスの音が重なってくると、どうしてもターラブを思い出しちゃうんですよね~。まあターラブはインド洋音楽で、シャアビは地中海音楽ですけど、潮の香りがして来るという点で私にとっては類似の音楽だと感じられますね。ただ、ターラブよりはもっとゴツゴツしていると言うか、粗野で粗暴って言うか、洗練というモノが全く必要が無い音楽って気はしますね。それはそれでとっても魅力的だとは思いますけどね~♪

 以上、よくわからないんだけど魅力あるシャアビを取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした!あと、今回は試聴が見つかりませんでしたので、試聴の貼り付けは無しです。DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪

2013年5月23日 (木)

よろず音楽風流堂~JENNIFER

Pjenniferwarnes002
 みなさん今晩は。ヒワイイ大使のお姉さま担当ねーねーです。今回の「よろず音楽風流堂」で取り上げますのは、アメリカの歌手ジェニファーの、68年のデビュー盤と69年のセカンドを1枚に収録した07年のアルバムです。変人担当こにたんが大嫌いなネオアコのレーベルとして知られるチェリーレッド関係のレーベルからのリイシューですね。ジェニファーと言っても誰にも話は通じないかもしれませんが、ジェニファー・ウォーンズと言えばおわかりの方もいらっしゃるでしょう。ジェニファー・ウォーンズは、昔はシンプルにジェニファーの名前で活動していたようです。

 まあジェニファー・ウォーンズと言ったところで日本では全然知られていませんが、ユースケ・サンタマリアと菅野美穂が主演のドラマ「アルジャーノンに花束を」の主題歌「ソング・フォー・バーナデット」を歌っていたのが、ジェニファーさんですね。心に染み入るような誠実な歌声が印象に残っている方も、おられるのではないかと思います。あのドラマのおかげで、86年のアルバム「FAMOUS BLUE RAINCOAT」が再発されたりしましたね。地味な歌手ですが、アメリカの良心とでも言うべき歌を歌い続けている人だと思います。

「アメリカの良心・・・かな?」byねーねー
Phiwaiinene001

 これはそんなジェニファーさんのデビュー盤とセカンドのカップリング盤ですが、80年代や90年代と比べると随分フォーク寄りの音楽になっています。特に儚い雰囲気のあるデビュー盤の方はそうですね。ストリングスを上手く使ったちょっとドリーミーでふんわり柔らかい音楽性は、あの時代独特のものなのかもしれませんが、こういうフォーク音楽を聞いていると、アメリカの良心というよりは、プログレ・ファンのアイドルといった感じに聞こえてしまいますね。プログレ・ファンって、何故かこの手の女性フォークが大好きですから。セカンドの方はドリーミーなフォークもありますが、ロック寄りな曲もあり、サイケっぽい曲もありと、バラエティが出て来たと感じられます。

 どちらのアルバムにしてもとてもシンプルな味わいで、淡々としながら美しさが滲み出して来ます。当時のジェニファーさんは20代前半ですが、若いながらもとても落ち着いていて、控え目ながらもニュアンスに富んだ歌を聞かせてくれます。アメリカの良心は、若い頃から歌が上手かったということを実感出来るでしょう。全体を通じて非常に地味ではありますが、滋味溢れる作品だと言えると思います。1曲1曲をじっくりと味わいたいタイプの音楽ですね。

以上、「よろず音楽風流堂」でした。下に試聴を貼り付けておきますので、興味があれば聞いてみて下さい。それでは、またいつかどこかでお会いしましょう。


「とりあえず1曲、こんな雰囲気ってところで。」→コチラ

「もう1曲、ライヴでどうぞ。」→コチラ

2013年5月22日 (水)

赤点先生の音楽添削~JIMMY MCGRIFF 「THE WORM」

Pjimmymcgriff001
 みなさんこんばんは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。今回の「赤点先生の音楽添削」で取り上げるのは~、アメリカのオルガン・マスターで~、ジミー・マクグリフの~、68年盤なのです~。廉価盤シリーズの~、ジャズ名盤999ベスト&モア第4期の中の1枚なのです~。ジャンル的にはジャズだけど~、ロック・ファンでもアフリカ音楽ファンでも~、サルサ・ファンでも楽しめる作品だと思うのです~。

 日本でジャズのオルガンって言ったら~、ジミー・スミスが一番有名だと思うけど~、もちろんはりーも大好きなんだけど~、それは~、ピーター・バラカンさんが推してるからだと思うのです~。バラカンさんが推してるから~、ジミー・スミスを好きになったジャズ・ファンって~、結構いるんじゃないかな~。

 同じジミーでも~、マクグリフさんもとっても良くて~、スミスさんに負けない位の知名度はあると思うけど~、どっちかって言えば~、ジャズ・ファンよりもDJとかレア・グルーヴ・ファンに人気があるような気がするのです~。どうしてかって言うと~、難しい顔してフムフム頷きながら聞くジャズじゃなくて~、思わず踊りだしたくなるような~、腰に来るファンキー音楽だからです~。あ、どうでもいいけど~、マクグリフさんって~、スミスさんの弟子って話だけど~、ホントなの~?

 このアルバムの演奏は本当に凄くて~、とにかくブリバリにファンキーなのです~。前にななみーが取り上げてた~、象牙海岸のファンキー音楽とか~、ナイジェリアのファンキーズとかも凄かったけど~、ファンキーの本場はアメリカじゃ~って言ってるみたいなノリノリの怒涛のグルーヴは~、アフロ・ビートとかラテンのデスカルガにも負けない勢いとパワーがあると思うのです~。まあ~、語法はジャズそのものだから~、アフリカとかラテンとかが好きな人には~、すぐには理解してもらえないかもしれないけど~、こういう音作りやノリノリのグルーヴは~、アフリカとかラテンにも影響を与えてたんじゃないかな~?

「アフリカ・ファンも~、ラテン・ファンも~、聞いてね~。」byはりー
Phiwaiihari034

 それにしても~、やっぱりマクグリフさんの音楽って~、ジャズって言う割には聞きやすいよね~。ジャズが苦手なころんさんも~、「これは素晴らしいですね!」って言ってたし~、多分だけど~、歌が入ってないソウル・ミュージックみたな感覚で聞けるんじゃないかな~。マクグリフさんの音楽って~、ソウル・ジャズとか言われてるし~。60年代終わり頃から70年代って~、ジャズがフリー・ジャズみたいなワケわからない方向に行ってた時期でしょ~?そんな時代のアンチテーゼみたいなマクグリフさんのファンキー・ジャズは~、とっても素晴らしい輝きを持っていると思うのです~。だから赤点先生の採点は~、本当は百点満点つけたいけど~、ころんさんがうるさいから~、95点にしとくのです~。

以上~、はりーの「赤点先生の音楽添削」でした~!下に試聴を貼り付けておきますので~、よかったら聞いてみてね~。また会いましょ~♪


「とりあえず1曲~、とってもグルーヴィーなのです~♪」→コチラ

2013年5月21日 (火)

興味津々音楽探求~CACHAO 「MASTER SESSIONS VOLUME.1」

Pcachao001
 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、キューバのベーシスト、カチャーオの94年盤です。タイトルに「VOLUME.1」とありますので第2弾もあるんだと思いますけど、残念ながらわたしは見たことはありません。

 このアルバムは俳優のアンディ・ガルシアがプロデューサーを、(多分)グロリア・エステファンの旦那さんのエミリオ・エステファンがエグゼクティヴ・プロデューサーをしているのですが、アメリカ人の手でプロデュースしたキューバの音楽って、今時とても珍しいんじゃないでしょうか?だってキューバとアメリカって仲が悪いじゃないですか。文化的な交流は少なそうなイメージなんですけど、まあアメリカにはキューバからの移民も多々いらっしゃるでしょうから、もしかしたらアメリカのラテン・コミュニティではキューバ音楽は意外と身近なものだとか?その辺の状況はよくわかりませんけど。

 ところでカチャーオさんは、ブエナ・ビスタに出ていたベーシスト、カチャイートさんのおじさんだと聞いたことがあります。伝説のベーシスト・・・なのかどうかは知りませんが、とても素晴らしいミュージシャンだということは、このアルバムを聞けばよくわかると思います。とにかくここに収録されている音楽は、光り輝くような魅力に満ち溢れているように感じられますよ!何て言うか、極上の楽園音楽って表現したらいいんでしょうか、聞いていると幸せの波動とグルーヴに包まれるという感じで、やっぱりキューバ音楽って本当に素晴らしいんだな~って、心の底から実感できるんですよね~♪

「幸せの波動が感じられますよ!」byめぐりん
Phiwaiimegu042

 こういう素晴らしいキューバ音楽を聞いていると、やっぱり品の無いティンバなんて聞いてられないって思ってしまいますね~。ころんさんはティンバはティンバで存在意義はあるって言ってましたし、確かにその通りなんだと思いますけど、わたしは聞いていて「あ~、幸せだな~♪」って感じられるキューバ音楽が好きなんです。その点でカチャーオさんのこのアルバムは、まさにわたしが求めているキューバ音楽って感じなんです。楽しくて温かくて優しくて、みんなの笑顔が見えてくるような音楽だと思います。

 あと、個人的になんですけど、このアルバムを聞いて一番印象に残っているのは、クラリネットの柔らかい音色です。わたしがこれまで聞いた中では、クラリネットが使われているキューバ音楽は記憶に無いんですが、まるでアレクサンドル・ステリオのビギンみたいな響きがありまして、何だか物凄く新鮮です!あ、そう言えばコンパイ・セグンドさんのアルバムで、クラリネットが入った曲を聞いたことがありましたっけ。何にしても、クラリネットを使ったラテン音楽に興味津々って感じになって来ました!クラリネットを使ったラテン音楽をご存知の方がおられましたら、是非お教え下さいませ!

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試し下さい。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「まずは1曲、ソンですね。」→コチラ

「もう1曲、デスカルガですね。」→コチラ

2013年5月19日 (日)

赤点先生の音楽添削~MARGIE JOSEPH

Pmargiejoseph001
 みなさんこんにちは~。ヒワイイ大使のカワイイ担当はりーなのです~。とってもお久し振りなのです~。ころんさんが~、全然黒人音楽を聞かなくなったので~、はりーの出番が無くなっていたのです~。でも~、久し振りにころんさんが黒人音楽をゲットして来たので~、早速ネタにするのです~♪今回の「赤点先生の音楽添削」で取り上げるのは~、アメリカのソウル歌手マージー・ジョセフの73年盤なのです~。昨年リイシューされたのです~。アトランティックのベストR&Bコレクション1000シリーズの1枚です~。

 はりーは~、実はオーティス・レディングとかの~、60年代のソウルが大好きなんですけど~、どんどん内省的になって音的にも複雑になって来る70年代のソウルも~、やっぱり魅力的だと思うのです~。例えば~、マーヴィン・ゲイとかダニー・ハサウェイの音楽は~、60年代には無かったソウルだよね~。マージーさんのこのアルバムも~、どこからどう聞いても70年代の音だと思うのです~。聞いていると~、マーヴィン・ゲイとかアル・グリーンを思い出すのです~。

 60年代のソウルって~、シンプルで力強くて~、汗だくになりながら一生懸命歌っているって感じの~、肉体性の強さが魅力だと思うのです~。でも~、70年代になると~、凄くクールになって来て~、頭でしっかりと考えて音楽をやってるな~って感じがするのです~。60年代だったら~、バックの音は歌の伴奏って感じで~、熱く歌ってる歌手に焦点が当たってるって感じだったけど~、70年代は~、歌と演奏がもっと有機的に絡んで来て~、ロック・バンドみたいな一体感が出て来たと思うのです~。このアルバムは~、歌とバックの演奏が~、切っても切れない関係になっているように聞こえるのです~。だから~、バックの演奏にも聞き所が凄く多いと思うのです~。

 もちろんマージーさんの歌も聞き所がいっぱいあって~、アレサ・フランクリンを継ぐ者みたいに言われただけのことはある~、ステキな歌を聞かせてくれるのです~。内省的な70年代のソウルらしく~、色々な悩みとか苦しみとかを抱えてるって雰囲気はあるんだけど~、それに負けない前向きな力強さと表情の豊かさで~、素晴らしく解放的な歌を聞かせてくれるのです~。本当にイイ歌手だよね~、マージーさんって~♪

「歌も演奏も~、聞き所いっぱいだよ~♪」byはりー
Phiwaiihari039

 こんなステキな盤をリイシューしてくれるのって~、とってもありがたいよね~。期間限定の生産みたいだけど~、こういう名盤は~、いつでも手に入るようにしといて欲しいと思うのです~。というワケで~、赤点先生の採点なんですけど~、ころんさんが~、「よっぽどの超名盤じゃないと百点つけたらダメでやんす」って言うから~、98点にしとくのです~。でも~、気持ちは百点満点だよ~!

以上~、はりーの「赤点先生の音楽添削」でした~!下に試聴を貼り付けますので~、良かったら聞いてみてね~。また会いましょ~♪


「まずは1曲~、アル・グリーンのカバーだよ~。」→コチラ

「もう1曲、ファンクだよ~♪」→コチラ

2013年5月18日 (土)

酩酊音楽酒場~LILI BONICHE 「TRESORS DE LA CHANSON JUDEO-ARABE」

Pliliboniche001
 みなさん今晩は!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、アルジェリアのスペイン系ユダヤ人(らしいです)リリ・ボニッシュの、11曲入りの編集盤です。ころんさんがブックオフの安棚で、250円でゲットして来たブツです。何だか知りませんけど、よくこんなブツを見つけ出して来ますよね~。ちなみに、発売年はいつなのかはわかりません。だってどこにも書いてないし~。

 最近の私のトレンドは、マグレブ系のアラブ・アンダルース音楽ってことは前に言いましたけど、このブツもまさにドンピシャの音楽ですから、もう興味津々で聞いちゃいましたわよ♪あ、そう言えば前回取り上げた「アルジェリア~ユダヤ人歌手たちの遺産」にはリリさんの歌は入っていませんでしたけど、何か入れられない理由でもあったんでしょうかね~?本当に素晴らしく魅力的な歌手なのに。

 それにしてもリリさんって、とてもカッコいいですね!ジャケ写もちょい悪オヤジみたいな感じで凄くカッコいいんですけど、歌の方はもっとカッコいいんですよね~。ちょっと野性的な荒々しさがある辛口な歌声なんですけど、それでいてオシャレなダンディーさも感じさせてくれて、もうシビレちゃうぐらいに男らしい歌なんですよ!自信に満ち溢れていて、弱さなんて微塵も見せない頼れる男の歌って感じですわよ~。うわ~素晴らしいわ、このおじさま♪女も惚れるけど、男も惚れる歌なんじゃないですかね~。

「男も女も惚れちゃいますわよ!」byななみー
Phiwaiinana035

 リリさんの歌は本当に素晴らしいんですけど、曲の方もやっぱり素晴らしいんですよ。1曲目なんていきなりタンゴですよ、タンゴ!アラブ世界では昔からタンゴが親しまれていたみたいですけど、アラブ歌謡とタンゴって相性が良いんでしょうね~。見事なアラブ・タンゴに仕上がっています。タンゴ以外のラテン音楽の影響(特にキューバ音楽かな?)も随所に感じられますし、ジャズとかメリケンのオールディーズ・ポップスの要素も取り入れてるような曲もあって、本当に風味豊かな音楽になっていると思います。このミクスチャー具合は、もしかしたらアルジェリアのユダヤ人歌手の中でも随一かもしれませんね~、なんて思ったりして。

 ここに収録されている曲がいつ頃の録音なのかは、データが何も無いのでわからないんですけど、多分50年代とか60年代だと思います。 そんな時代に既にこんなにも魅力的なミクスチャー音楽を作り上げていたワケですから、リリさんって当時から物凄くイケてる伊達男だったんでしょうね~。当時の女性たちもシビレまくったんだと思いますけど、遅ればせながら私もシビレまくりですわよ♪

以上、アルジェリアのイケてる伊達男を取り上げてみました「酩酊音楽酒場」でした!下に試聴を貼り付けておきますので、よかったら聞いてみてね!DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪


「まずは1曲、哀愁のアラブ・アンダルース歌謡です。」→コチラ

「もう1曲、アラビアン・タンゴですね~。」→コチラ

2013年5月16日 (木)

酩酊音楽酒場~CHANTEURS JUIFS D’ALGERIE

Pchanteursjuifsdalgelie001
 みなさん今晩は!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーですよ~♪今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、邦題が「アルジェリア~ユダヤ人歌手たちの遺産」と付けられた、アルジェリアのアラブ・アンダルース音楽の編集盤です。ブックオフにて、1250円もの大枚を払ってゲットしました・・・って、ころんさんが払ってるので別に私には影響無いんですけど。

 ところで最近の私のトレンドはアラブ音楽なんですけど、特にマグレブ系のアラブ・アンダルース音楽にズッポリとハマってしまいそうな今日この頃なのです。そんな折に出会ったこのブツ、オビに「選曲の良さが光る最高の編集盤」なんて書いてあって、発売元がテメエでそんなこと言うな!なんて思ったりもするんですけど、聞いてみると本当にその通りですので、素直に納得してしまいましたわよ♪

 ここに収録されている音源は1910年から1965年までのモノなんですけど、あまり音が古いとか感じることも無くて、結構スンナリと聞くことが出来ると思います。まあ1910年とか1925年の音源は流石に昔の音楽って感じの音ですけど、それは仕方ないでしょうね。とりあえずこの盤については、音質どーのこーのは別にどうでもいいことで、とにかく内容が素晴らしいとしか言いようが無いんですよね~。

「とっても素晴らしいのよ♪」byななみー
Phiwaiinana049

 私はこの手の音楽に関しては超ド素人で、これまで全然耳にすることが無かったんですけど、何故か耳にとても馴染むんです。メロディや節回しにはハレドなんかを思い出させるライっぽさがビシバシに感じられますし、何だか庶民的で親しみ易い雰囲気があるんですよね~。格調が高いけど敷居も高いエジプトとかの昔の音楽に比べると、同じアラブ世界の音楽とは言っても全然違うんだな~ってことが実感出来ると思います。この違いがどこから出て来るモノなのかは知りませんけど、アラブ世界に生きるユダヤ人歌手達の歌ってことで、純粋なアラブ音楽よりは文化的な交配が進んでまろやかになっているのかな~って気はしますね。

 曲によってはシンプルなブルースっぽく聞こえるモノもあれば、弦楽器のアンサンブルが中心となったいかにもアラブらしい演奏のモノもあり、かと思えば昔聞いたことがあるクレツマーみたいな感覚のモノもあったりして、興味は尽きないです。これらの楽曲群を聞いて特に私が気になっているのは、砂漠を感じさせる要素とターラブみたいな海洋性を感じさせる要素がどちらも入っているって所なんですけど、これってもしかして的外れな考え?でもアルジェリアって地中海に面していますし、海洋性っていうのもあながち間違いじゃないんじゃないかな~って、私は勝手に思ってますけどね~。

 以上、興味の尽きないアルジェリアのユダヤ人歌手盤を取り上げてみました、「酩酊音楽酒場」でした!下に試聴を貼り付けておきますので、よかったら聞いてみてね!DJは私、ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪


「とりあえず1曲、こんな感じのはいかがでしょうか?」→コチラ

2013年5月15日 (水)

興味津々音楽探求~TELMARY 「A DIARIO」

Ptelmary001
 皆様今晩は。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、キューバの女性ラッパー、テルマリーの06年のデビュー盤です。ラップやヒップホップの影響を受けたキューバ音楽ということで、前にころんさんと「ティンバ」について対談したことがありますが、今回はキューバのヒップホップということで、ティンバ否定派のわたしは聞く前から凄く心配になってしまいました。

 ころんさんの話によると、キューバという国は極めて治安が良いらしくて、ヒリヒリとするような危険なストリート感覚とは無縁だということですから、それってヒップホップをスタイルとして取り入れるしかないってことだと思うんです。ヒップホップが形の芸能になってしまったら、仏作って魂入れずの音楽に成り下がってしまうと思います。その上ティンバみたいに軽薄で品が無いとなったら、もう最悪じゃないですか。だからキューバのヒップホップなんて言われたら、やっぱりどうしても心配になってしまうんですよね~。でも実際に聞いてみたら、そんな心配は全く必要がありませんでしたので、ひと安心しました!

 このアルバムのプロデューサーには、キューバのハイブリッドな女流ミュージシャンのジューサさんの名前があるんですけど、テルマリーさんの音楽はジューサさんの音楽に共通するミクスチャーなハイブリッド感覚に溢れていると感じられますね。まあ昔ながらのソンの感覚は稀薄ですけど、ジャズやロックを大々的に取り入れながら、曲によってはフラメンコやアフロっぽいジャズも導入して、サンプリングに頼らずに人力でしっかりと演奏して行く音楽性は、とてもカッコいいと思います。こういう音楽を聞くと、伝統的なソンだけがキューバ音楽なのではなくて、ロックもジャズも普通に聞かれているのがキューバの日常なんだということが、よくわかりますね。

「キューバの日常!」byめぐりん
Phiwaiimegu014

 そんな中で4曲目に伝統的なキューバ音楽の感覚が溢れる演奏が出て来たり、5曲目でロス・バン・バンの曲をカバーしたりしているのを聞くと、こんなことが出来るのはやっぱりキューバの人だからなんだろうな~って思えて、何だか嬉しくなってしまいます。全体としては伝統的なキューバ音楽の感覚は稀薄ではあっても、これはこれでアリだな~って納得してしまうのは、この音楽自体がとても魅力的だからですね~。

 テルマリーさんのラップは、力が抜けたちょっと低血圧な感じはありますけど、このハイブリッドな音楽性には良く合っていて、とてもクールな印象があります。そして、ゲストをたくさん迎えているんですけど、自分が前に出るのではなくてゲストを生かそうとする意識もしっかりと感じられて、性格的にもイイ人なのかな~って思いますね。とてもステキだと思います。

 以上、ヒワイイ大使のめぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試し下さい。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「まずは1曲、アフロ・ジャズな曲です。」→コチラ

「もう1曲、ライヴでどうぞ。」→コチラ