Powered by Six Apart

« J.D.SOUTHER 「HOME BY DAWN」 | メイン | 興味津々音楽探求~キューバ音楽のこと »

2013年4月 7日 (日)

THE IMPOSSIBLES VOL.1

Pimpossibles001
 70年代に活躍したというタイのロック・バンド、インポッシブルズの2010年に発売された24曲入りベスト盤でございます。わっちは前からこのバンドの名前は知っていたのですが、どんな音楽をヤッテいるのかは知りませんでしたので、とりあえずはお試しでゲットしてみた次第でございます。先日訪れましたバンコクはMBKのブツ屋メーマイ・プレンタイにて、155バーツ也。ちなみにこのベスト盤シリーズ、他に2枚出ているようであります。

 ネットでこのバンドを検索してみると、タイの「ファンク・バンド」と出て来るのですが、このブツを聞く限りでは日本のグループ・サウンズにも似た音を出す、メロウな感覚を持ったドリーミーなロック・バンドという感じがしますね。この音を聞くと、「嗚呼、何だか懐かしい音楽だな~」と感じられる方は多々いらっしゃると思います。60年代や70年代の日本の歌謡曲やグループ・サウンズがお好きな方であれば、間違い無くハマる音楽なんじゃないですかね~。あ、この優雅でゆったりとした音楽性は、ロックと言うよりはルーククルン的と言った方がイイかもしれませんね。フルートやストリングスの柔らかい響きがめっさ素晴らしいですし!

 う~む、それにしてもこのバンドの一体どこが「ファンク・バンド」なんでしょうか?このブツをいくら聞いても、全然そんな感じが無いんですよね~。まあファンクだろうとロックだろうとルーククルンだろうと、とにかくめっさイイ音楽をヤッテいることに間違いはありませんから、別に全然構わないんですけど。おそらくですけど、このバンドは色々な顔を持っていて、その時によってロックもファンクも色々とヤッテいたのではないかと推測致しますが、どうなんでしょうか?その辺はこのベスト盤シリーズを全て聞いてみないとわからないんでしょうけどね~。

 とりあえずこのVOL.1を聞いている限りでは、この連中がファンク・バンドなどとは全く感じられませんでしたが、それはそれで全然構いません。ここにはとにかくゆったりとした美しい音楽が詰まっていますから。インドネシアの名曲「ブンガワン・ソロ」のカバーなんかも入っていますし、本当に良い曲が満載だと思います。70年代のタイにこんなにセンス抜群のバンドがいたなんて、わっちにとっては本当に驚きの発見でございます。もしかしたらタイ音楽好きには定番のバンドなのかもしれませんが、何にしてもこんなに素晴らしいタイのバンドに出会えて、とても嬉しい今日この頃でやんす!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、この盤はこんなドリーミーな感じの曲ばっかりでやんすよ。」→コチラ

コメント

コメントを投稿