Powered by Six Apart

« NOONA 「NOONA」 | メイン | 酩酊音楽酒場~PRINCESSE MANSIA M’BILA 「KOLE」 »

2013年3月23日 (土)

DR.M.BALAMURALIKRISHANA 「CARNATIC-VOCAL」

Pdrmbalamuralikrishana001
 インド、それはいつかは行ってみたい国。アジア好きのわっちではありますが、まだインドには行ったことがありません。でも憧れは以前からず~っと持ち続けておりまして、機会があれば是非行ってみたいと思っております。インドに行けば、大好きになるか大嫌いになるかのどちらかに分かれると言いますが、自分にとっては果たしてどちらになるのか、行ってみてのお楽しみであります。

 で、今回の主役のM.バーラムラリクリシュナでございますが、わっちは初めて聞く人なんですけど、南インドの古典音楽の声楽家だそうです。南インドの古典声楽と言えば、日本ではM.S.スブラクシュミが有名でありますが、解説によると地元ではこのおっさんはスブラクシュミと並ぶ人気を誇るらしいです。う~む、全然知りませんでした・・・って言うか、これまでこの人がまともに紹介されたことってありましたっけ?まあこの92年盤はオルター・ポップから国内盤として発売されているブツですから、「ちゃんと紹介しとるやんけ!」と言われたら、「はい、そうですね」と言わざるを得ませんけど。

 それにしてもこのおっさん、メチャクチャに良いですね!わっちはこれまで南インドの古典声楽はスブラクシュミしか聞いたことが無いんですけど、このおっさんはスブラクシュミよりもずっと親しみやすいと感じられますね~。とにかくイイ声ですし、落ち着いた余裕綽々の歌いっぷりが素晴らしいと思います。このおっさんが歌うと、何だか古典音楽が段々とポップな曲に聞こえて来まして、とても身近な音楽に感じられるのでやんすよ。古典音楽なんて薀蓄を色々と知った上で難しい顔をして聞かなければならない、なんてイメージがありますけど、このおっさんの歌は「構えずに気軽に楽しんでもらったらいいですよ♪」と言ってくれているみたいに感じられるんですよね~。う~む、人徳哉。

 日本人にとってインド音楽って、古典系なら小難しそうなシタールの演奏とか、ポピュラー系ならキンキン声の女声ヴォーカルのフィルム・ミュージックというイメージが強いかと思いますが、このおっさんみたいな古典もポピュラーも呑み込んだような音楽をヤッテいる人もいるんですね~。まあヤッテいる音楽は古典なんでしょうけど、感覚が現在に繋がっていると言いますか、音楽の感触が本当にポピュラーっぽい雰囲気なんですよ。イイですね~この人。近付き難さが全くありませんし。超絶技巧を駆使するとんでもなく上手い歌ですが、「おおっ、カッケー!」なんて、ギターの速弾きを聞くような感じで聞けるのもイイ感じ。全てにおいて親しみ易いこのおっさん、難を言えば名前が覚え難いことだけでしょうかね~♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、こんな雰囲気ってことで。」→コチラ

コメント

世界伝統/民族音楽集クラスのものを再構築・大衆化した感覚でしょうか?

翻って私事インド、「ムトゥ 踊るマハラジャ」サントラ盤より久しいです。
こちらは俗の極みですが。

>Santaさん
「ムトゥ」はイイですよね~。サントラも映画のDVDも持ってます。ラジニがめっさカッコ良くて、年に何回かは見てしまいます。大衆娯楽哉。
で、この長い名前のおっさんですが、古典が大衆化されたと言ってイイのかどうかはよくわかりませんけど、基本的に門戸が広いと言いますか、心が広いと言いますか、格調は高いんですけど誰にでも親しめるという、何だか不思議な感覚なんですよね~。奥が深いおっさんだと思います。

やはり「ムトゥ」ですね。ラジ最高、ミーナも可愛い過ぎ。

ところで私の勤務先、都心の大きなオフィスビル群内にありますが、下はレストラン街で本格インド料理店も入っています。そこは毎月ベリーダンス無料鑑賞もできるナイスなお店で、当然 BGM は多様なインド音楽、そういえば本記事のような演奏も結構流れていました。

早速明日のランチに同店特製キーマをでもと思ったんですが、都合により来週に持越しとなりました ..... 明日は朝便フライトです。

>Santaさん
「ムトゥ」は素晴らしいと思います。名作ですね~♪

ところでオフィスビルの下に本格インド料理とは、何とも羨ましい話であります。ワタクシもインド料理は大好きですので(辛いのはダメだけど)、月に1回位は食べてますね~。BGMはインド・ポップスばかりで、古典系が流れているのは聞いたことがありませんけど。

本日は朝便フライトとのことですが、お気をつけて行ってらっしゃいませ~!

コメントを投稿