Powered by Six Apart

« 酩酊音楽酒場~CHIWONISO 「ANCIENT VOICES」 | メイン | 興味津々音楽探求~MEXICAN LOVE SONGS »

2013年1月16日 (水)

AEGIS 「MAHAL NA MAHAL KITA」

Paegis001
 フィリピンのロックバンド、イージスの2000年のアルバムです。ノース天神ブックオフにて、500円でゲット致しました。ちなみにこのブツが、今年一番最初にゲットしたブツでございます。一年の最初がフィリピンのブツなんて、何だかとってもイイ感じ~♪他にもう一枚タイのブツを買ったのですが、名前が読めないので誰のブツなのかは全くわかりません・・・。

 で、イージスでございますが、結成は95年らしいんですけど、メンバーのルックスを見ると既に30年以上ヤッテいそうな超ベテランの雰囲気がありますね~。まあ結成して既に17年以上になるワケですから、ベテランっちゃあベテランなワケでありまして、老けている(?)のも当然かと。この連中は女5、男1という構成なんですが、こんなバンドって他に見たことありませんよね?あ、ヒワイイ大使にわっちがメンバーとして入れば、女5、男1になりますね!・・・って、激しくどうでもいい話でありますた。失礼致しますた。それにしてもこの連中みたいにオバハン面が5人も揃っていたら、わっちみたいな若い娘好きは「何じゃこりゃ?」なんて思ってしまうのですが、もしかしたら熟女好きには堪らないバンドなのかもしれません。

 この連中がヤッテいるのは基本的にハードロックと言えますが、そこは女性が多いバンドでございますから耳当たりはそれ程ハードではなくて、華麗なコーラスワークやシンセの音なんかも効果的に使いながら、実に聞きやすい音作りをしていると感じられます。いかにもフィリピンの人達が好きそうな、美メロのバラードタイプの曲もしっかりと入っていますしね~。

 ただ、多分ですけど、このヴォーカルは好き嫌いが分かれるのではないかと思います。と言いますのは、この女性ヴォーカルが結構クセのある歌い方をするからでございます。何と言いますか、盛り上がって来て力が入るような所になりますと、カエルを潰したような声と言いますか、「そんな歌い方しとったら喉潰れるぞ」みたいなダミ声風の発声をするのでありますよ。それを不自然に感じてしまうと、ちょいと耳障りだと思ってしまう方もおられるのではないかと。でも、「そんな力の入れ方がカワイイ!」なんて感じられるのであれば、萌えられる歌かもしれません?

 何にしても、爽快でポップでスピード感のあるハードロックでありますから、気分良く聞けるブツだと思います。わっちはこの連中、結構好きでやんすよ!あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、情念のスローなハードロックですね。」→コチラ

「もう1曲、爽やかロックでございますな。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31026171

AEGIS 「MAHAL NA MAHAL KITA」を参照しているブログ:

コメント

ご無沙汰しております。あみです。
年末年始、なんやかんやとバタバタしていてコメントしよっかなーと思いつつ日が過ぎてしまいました。
今年もどうぞよろしくです!

AegisのMahal Na Mahal Kita、これは良いブツをゲットされましたね。
本国フィリピンのCD屋でも、もうめったに見かけないアルバムとなってしまいました。
多分リリース元のレーベルの若手社員なんかはこのアルバムのことを知らない人もいるんじゃないかと…

Aegisはステージ活動とレコーディング活動を半々にやっている(というか、メジャー契約をした後もステージ活動を精力的にやっている)バンドですので、歌い方など、ステージのときの「ここは掴みどころ!」みたいな「唸り方」がレコーディングでも出てしまったのでしょうかね…。

黒一点(笑)のギターも、まあなんだか「おねぇ系」な感じなので女性バンドでいいのかも(^_^;)。

フィリピンの女性バンドといえばGeneral Lunaという女性5人組のバンドが2枚アルバムリリースしてますが、最初は「女性なのにハードなサウンド」という売りで出てきただけかと思いきや、意外とブルースやジャジーなサウンド、それから60~70年代のロック黎明期のサウンドも巧く消化したナイスバンドであることが判明して最近よく聴いています。

あと、今年はフィリピンポップスにとってエポックメイキングな年になるかも…ですよ。
ころんさんもおっしゃっていた通り「OPM」へのアーティストの原点回帰に加えて新しいフィリピンポップスを生み出す新人ソングライターの発掘に(フィリピンレコード会社各社)が精力的に動いていること、(フィリピンでは前からそうですが、)凄腕の新人アーティストが続々登場などなど…。
これらがうまく組み合わされればなんだか楽しくてにぎやかな一年になりそうです…。

>あみさん
いらっしゃいませ~♪今年も宜しくお願い致します!
イージスはなかなか良いバンドですよね~。これまではベスト盤1枚しか持っておらず、しかもここ数年は全然聞いていなかったのですが、ここに来て興味が湧いて来てしまいました♪他のアルバムもゲットしてみたいな~、なんて思っております。あ、黒一点のおっさんがオネエ系とは知りませんでしたが、このおっさん、たまに歌ってますよね?余計なことすんなボケ!などと、こにたんみたいなことを言ってしまう今日この頃・・・。

ところでジェネラル・ルナってバンドは全く存じませんが、そんなに良いバンドなら是非聞いてみたいですね~。機会があればゲットしてみようと思っております。お教え下さってありがとうございます!

で、今年のOPMは「原点回帰」と「新人ソングライターの発掘」ですか。う~む、それは非常に楽しみですね~。一体どんな新人が出て来るか、楽しみでなりません。今年のOPMも大いに期待出来そうですね!でもとりあえずは、新人達が大々的に出て来る前に、昨年発売されてまだゲットしていない面白そうなブツを、早くゲットしなければなりませんね~。ニョイ・ヴォランテの2枚組とか聞きたいブツが多々ありますので。CD300枚ほど処分したら、その記念に買おうかな~、なんて。

コメントを投稿