Powered by Six Apart

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月20日 (木)

酩酊音楽酒場~ZEIN MUSICAL PARTY 「THE STYLE OF MONBASA」

Pzeinmusicalparty001
 みなさんこんばんは~!ヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーだよ~。今回の「酩酊音楽酒場」で取り上げるのは、ケニヤのターラブ・バンド、ゼイン・ミュージカル・パーティの90年盤です。先日の関西旅行で、ころんさんが神戸のハックルベリーで見つけて来たブツです。このバンドのリーダーはゼイン・ラブディンという人ですが、実はこの人のことは第1回の「酩酊音楽酒場」で取り上げたんですよね~。誰も覚えてないと思うけど。

ゼイン・ラブディンおじさんのブツ
Pzeinabdin001

 その時に取り上げたラブディンおじさんのブツは、ほとんどウードの弾き語りみたいな感じの音楽で、それほどターラブっぽさは無かったんだけど滋味溢れる演奏で、私は大好きですね~。そんなラブディンおじさんのバンドのブツがコレなんですけど、ソロの時とは違ってチャカポコと鳴る太鼓、ヴァイオリンやキーボードなんかが控え目ながらもラブディンおじさんの歌とウードの演奏を盛り上げていますので、とても聞き易くなっていると思います。あ、でも何曲かはウードのソロ演奏になっていて、ラブディンおじさんの面目躍如って感じになっていますよ!

 ところでターラブと言えばザンジバル、と思われる方もおられるでしょうけど、流れるようなストリングスがアンサンブルの中心となるザンジバルのターラブと比べると、ラブディンおじさんバンドのターラブはちょっとゴツゴツした感覚があって、より野性的と言うか、土着のアフリカっぽさを感じさせてくれますね。そして同時にターラブ特有の潮の香りも感じさせてくれるという、私にとっては本当に魅力的な音楽になっているんですよね~。基本的にはアラブの要素が強いと思いますけど(曲毎に使われているマカームの記載があるし)、ちょっとブッキラボーな感じのラブディンおじさんの歌とかチャカポコした太鼓はとてもアフリカっぽくて、海を介してアラブとアフリカが理想的に融合しているような気がしますね。

「海を通じてアラブとアフリカはしっかり繋がっている?」byななみー
Phiwaiinana020

 私はこれまでターラブにはちょっと苦手意識があってあんまり聞いて来なかったんですけど、ラブディンおじさんバンドのこのブツを聞くと、相当に魅力的で素晴らしい音楽だな~って実感しますね。深く思索しているように感じられる音楽なんですけど、それでいて楽しく踊れるような音楽でもありますし、シンプルながらも深い味わいのあるラブディンおじさんバンドのターラブには、ズブズブにハマってしまいそうな気がします。う~ん、本当にシビレちゃう位にステキな音楽ですね!私は大好きですよ♪

 以上、素晴らしく魅力的なターラブを取り上げました、「酩酊音楽酒場」でした!DJはヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーでした~!あと、下に試聴を貼り付けておきますので、良かったら聞いてみてね!それじゃあまたね~♪


「とりあえず1曲、こんな雰囲気ってことで。」→コチラ

2012年12月19日 (水)

興味津々音楽探求~JANA KIRSCHNER 「SHINE」

Pjanakirschner001
 皆様こんばんは。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げますのは、ころんさんが先日の関西旅行で買って来た、スロヴァキアの歌手ヤナ・キルシュネルの05年のアルバムです。ヤナさんなんて全然知らない歌手ですが、ころんさんも全然知らなかったそうです。ジャケに一目惚れ買って来たという話なんですけど、相変わらずおかしな買い方をするおかしな人ですね~。

 ヤナさんは普段はスロヴァキア語で歌っているらしいのですが、このアルバムは全曲英語で歌っています。そこにどういう意図があったのかはわかりませんが、多分アメリカに進出しようという狙いがあったのではないかと思います。スロヴァキア国内だけではマーケット規模なんて知れていますから、より大きなマーケットの開拓をしたかったのではないでしょうか。その辺はメキシコのヒメナ・サリニャーナさんの英語盤を思わせるところがありますよね。そしてこのアルバムを聞く限りでは、そんな意図はともかくとして、音楽的には十分に実を結んでいるように感じられますね。

 ヤナさんが元々どんな音楽をやっている人なのか、わたしは全然知らないのですが、おそらくフォークっぽい音楽の人なんじゃないかと思います。このアルバムは全曲英語というのもありますけど、随分アメリカのフォーク・ロックっぽく聞こえます。おそらく殆どの人が、普通にアメリカのフォーク歌手と言われても何の違和感も無く信じてしまうと思います。カントリーの要素はかなり強いですし、ブルースの影響もチラホラと垣間見える音楽性にはスロヴァキアらしさなんて全然無いのですが、寛いだアコースティックな雰囲気は聞いていてとても心地好いですし、誰もが安心して聞ける音楽なんじゃないかと思います。

「とっても心地好いですよ!」byめぐりん
Phiwaiimegu030

 ヤナさんのカワイイけどちょっとハスキーな歌声は、このアメリカンなフォーク調の音楽にはとても合っていますし、スロヴァキアとか考えないで聞けば、普通にいい歌だと思います。民族色が出ている音楽も勿論楽しいんですけど、民族色が出ていなくったって良いものは良い、ヤナさんの音楽はそういう音楽だと思います。

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試し下さいね!それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「まずは1曲、ブルース感覚のあるフォーク・ポップスですね。」→コチラ

「もう1曲、ポップでカッコいいタイトル曲を、ライヴでどうぞ。」→コチラ

2012年12月18日 (火)

ANNIE KHALID 「KIYA YEHI PIYAR HAI」

Panniekhalid001
 先日の関西旅行でゲットして来ました、パキスタンの人気ナンバーワンのアイドル歌手、アニー・ハリドの2010年のアルバムであります。ハリドさんはここ何年かのパキスタンで最も成功した歌手なんだそうですが、わっちは全然知りませんですた。とにかくジャケを見ての通りめっさルックスが良い人でありますが、アチラの人って美人は超絶的にキレイですもんね~。この人の人気って当然ルックスも含めたモノだと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?パキスタンの十代の女子の間では、ファッション・リーダーとしても圧倒的な人気があるようですし、男女を問わず支持されているような感じであります。

 なんてことを言うと、ルックスだけ良くて歌はめっさ下手みたいに思われるかもしれませんが、決してそんなことはありませんよ。程々にちゃんと歌っていて、アイドルっぽい華やかさもありますし、一方で落ち着いた大人の雰囲気も漂わせているところがなかなかイイ感じだと思います。この人は英国育ちなんだそうですが、それだけに欧米っぽいスタイルで歌うんですけど、所々にプレイバック・シンガーみたいな節回しを聞かせる部分もありまして、この人の中での文化のミクスチャー具合が一体どうなっているのか、興味をそそられる所でございますね。また、ハリドさんはアイドル歌手とは言っても、作詞作曲にも色々と関わっているようでありまして、決してルックスだけではないクリエイターとしての才能も持ち合わせているようです。うーむ、才色兼備のパキスタン美女、実に魅力的ではないですか!

 そんなハリドさんがヤッテいる音楽は、欧米風味のパキスタン・ポップスとしか言いようが無いんですけど、パキスタンの音楽に関しては全然知りませんので、この手の音が主流なのかどうかはわかりません。だってわっちはパキスタンと言えば、未だにヌスラット・ファテ・アリ・ハーンが真っ先に思い浮かんで来るような、実にステレオタイプな人間でございますので。しかしハリドさんの欧米風にスッキリと洗練(と言ってイイのかどうかは知りませんが)された、最新のサウンド・プロダクションを纏った音楽は、普通のポップスとして聞き易いながらもパキスタンならではの風味もビシバシに溢れていて、実に面白いと感じられますね!

 個人的に普段はインドとかパキスタンとかの南アジアの音楽にはなかなか関心が向かないのですが、こうやってパキスタンのナンバーワン・アイドル歌手なんてのを体験すると、この地域の音楽をもっと知りたいな~なんて素直に思ってしまいますね~。まあそれだけハリドさんが魅力的ってことなんですけど、これからはこの地域のことをもっと意識して行こうかと思ってしまった今日この頃でやんす♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、ノリノリの楽しい曲ですよ!」→コチラ

「もう1曲、ちょいと欧米ポップスっぽさがあるタイトル曲です。」→コチラ

2012年12月17日 (月)

興味津々音楽探求~めぐりんの音盤探訪2012.12その2

 皆様こんばんは。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。昨日はちょっと用事があって北九州に行って来たのですが、久し振りの北九州でしたので思わず中古盤屋さん巡りをしてしまいました。と言っても3軒だけなんですけど、その成果を記しておこうかと思います。

「またゲットしちゃいました。」byめぐりん
Phiwaiimegu020

 まずは小倉駅下のボーダーラインでナフト、次に小倉ブックオフでアネット・ルイザン、ラストはリバーウォーク前の田口商店でハッサン・ハクムーン関連2枚とSAYAKAさんのアルバム、合計5枚ゲットです。あ、SAYAKAさんは松田聖子さんの娘さんじゃないですよ!ラテン・バイオリンの人です。

北九州の成果5枚
Pkitakyu001

 何だかわたしもころんさんみたいなペースでゲットしちゃってますけど、やっぱりCDとの出会いって一期一会ですから、見かけた時に買っておかないと、後悔したらいけないですからね。「買わずに後悔するよりも、買って後悔する方が良い」とはころんさんの言葉ですが、わたしも同感ですね~。滅多に無い出会いは、やっぱり後悔しないように大事にしたいものだと思います。

以上、ヒワイイ大使のめぐりんがお送りしました!それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪

2012年12月16日 (日)

興味津々音楽探求~めぐりんの音盤探訪2012.12

 皆様こんばんは!ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」は、久し振りにわたしの音盤探訪をお送りしようかと思います。先日12月13日なんですが、福岡最大の繁華街の天神地区に新しくブックオフがオープンしました。場所は以前「ショッパーズ」と呼ばれていた、「ノース天神」の6階と7階です。かなりの大型店舗で、本とかCDとかだけじゃなくて服とかカバンなんかも売っている総合型のブックオフです。新規オープンということで、居ても立ってもいられなくなりましたので、早速CDを見に行ってしまいました!

「とってもステキな成果がありましたよ!」byめぐりん
Phiwaiimegu016_2

 色々と魅力的なCDが沢山ありまして、70年代のオマーラ・ポルトゥオンドのアルバムとか、GIGI梁さんとか、ころんさんが大好きなタイの歌手サーヤン・サンヤーとか、本当にビックリするようなモノがあったんですけど、最終的に選んだのが下記のCDです。

テレサ・テンの精選シリーズ7枚です。
Pbookoff001

テレサ以外がコチラ。シティちゃんとかチウォニーソさんまであるなんて!
Pbookoff002

 以上が今回の成果です。ころんさんが関西で大量ゲットして来たのに対抗して(?)、わたしもちょっと張り切っちゃいました。どれも嬉しいアルバムばかりなんですけど、テレサの精選シリーズにはビックリでした!このシリーズ、多分全7枚なんだと思います。第7集は英語のポップスのカバー集になっていますし、これにて打ち止めって感じがしますので(推測の域を出ませんが)。何にしても素晴らしい成果に、本当に大満足でした♪

 以上、ヒワイイ大使のめぐりんがお送りしました!それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪

2012年12月15日 (土)

TAI ORRATHAI 「PLAI KOY KONG KWAM HUG」

Ptaiorrathai021
 タイのルークトゥン歌手ターイ・オラタイの今年発売のアルバムであります。各所で評判が良いアルバムですので、聞くのが楽しみだったブツでございます。ターイさんはかの有名な(?)モーラム・アルバムを出してから、調子の良い状態が続いているようですね。実はわっちは元々ターイさんの歌は苦手だったのですが、5枚目のアルバムあたりから段々と苦手意識が無くなって来て、モーラム・アルバムで萌えまくりになってしまったクチであります。現在ではかなり好きな歌手の一人なんですよね~。

こちらがかの有名なモーラム・アルバム
Pthai001

 そんなターイさんの新作でありますが、最初に聞いた時は正直言って、このブツを聞くぐらいならラチャノックアーン・ザ・スターのブツを聞いている方が遥かにいいな~、なんて思ってしまったのでやんす。歌の力量はラチャノックの方が上ですし、打ち込み系の曲ならアーンの方がずっとイケてるなんて感じてしまったのでありますた。まあこんなことを感じるのは、三者のブツを同時にゲットして同時に聞いているからでしょう。この3枚のブツのリリースは時期的にはターイが一番早くて、次にアーン、その次がラチャノックがでしたから、発売されてた順番にゲットして聞いていれば、多分こんなことは思わなかったのではないかと。

 ターイもヤレるだけのことはヤッテいるのはよくわかりますが、比べるとどうしても分が悪いとしか言い様が無いんですよね~。別にターイのブツが悪いワケではありませんが、常に折り目正しい優等生のターイは全てにおいて80点以上なんですけど、その分面白みに欠けると言いますか。雑食性を発揮する超絶的に上手いラチャノックや、打ち込み系なら突出した力を発揮するアーンみたいな、ターイにはコレと言った売りが無いように感じられて仕方ないのでやんすよ。常に高品位であることは良くわかるんですけどね~。

 などとツラツラ考えながら聞いていたのですが、繰り返し聞いている内に、段々とすんなり耳に入って来るようになって来たぞ?真面目な優等生ならではの良さと言いますか、決してハメを外すことが無い学級委員タイプならではの色香が漂っているような気がして来たのであります。それにこのアルバムをじっくりと聞けば、ロック的なダイナミズムに大きく接近してこれまでに無かったノリの良さを見せるという、ターイならではの冒険心も見て取ることが出来ます。まあターイ本人が望んでこんな試みをしたのかどうかは知りませんけど。

 何だかんだ言って、結局は「ターイ・オラタイ、相変わらずイケとるやんけ!」という結論に至ったワケでございますが、これまでのイメージを決して崩すことが無い優等生ぶりに関しては、良いんだか悪いんだかよくわからないんですよね~。こういう優等生のイメージを崩して欲しくないとお考えの方も多いかとは思いますが、「あの優等生が実は・・・」というような部分もそろそろ見せて欲しいと思うのはわっちだけ?

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、バックの音にちょっとロックっぽさがある曲でございます。」→コチラ

「もう1曲、ちょいと哀愁漂う曲です。それにしてもターイって美人ですね♪」→コチラ

2012年12月13日 (木)

関西の旅3日目~2012.12月

 関西の旅3日目でございますが、前日にプランテーションで大量ゲットをしましたので、この日はブツを買う気は全くありませんですた。よって嫁さんのショッピングのお付き合いという感じでございます。とりあえず起きたのは8時頃だったのですが、実は5時半位に一度目が覚めまして、そこから1時間位眠れなかったんですよね~。前日はめっさ飲んでベロンチョに酔っていましたので、5時半に目が覚めた時は完全に二日酔い状態。自分が酒臭いのがわかるって、何だかイヤな気分であります。二度寝して8時に起きた時はほぼアルコールは抜けていたのですが、二日酔いになったことは過去に一度しかありませんでしたので、朝から結構しんどかったですね~。

 まあこの日は本当に嫁さんのショッピングのお付き合いに終始しましたので、ブツは1枚もゲットしておりません。実はタワレコのカードで2000円分の割引ポイントが貯まっていますので、難波のタワレコで何かゲットしようかと思っていたのですが、何だかイマイチ買う気になりませんですた。まあ昨日のプランテーションですっかり大満足してしまいましたからね~。タワレコの2000円割引ポイントは今月中に使わなければなりませんので、九州でテキトーに使おうかと思っております。何かゲットしましたら、またその時にお披露目したいと思います~。

買おうかどうか迷ったブツ
Zendooni

 というワケで、今回の関西の旅日記はこの辺で終了させていただきます。ご静聴(?)ありがとうございますた♪

2012年12月12日 (水)

関西の旅2日目後編~2012.12月

 さて、関西の旅2日目の後編であります。プランテーションでブツの箱を漁り始めたお話のスタートでございます。それでは早速。

 まずはベトナム箱を見たのですが・・・うおーっ、これは凄え!ひと昔からふた昔ぐらい前のブツが中心なのですが、見たことも聞いたことも無い掘出物がザクザク出て来るではないですか!うーむ、これではベトナムだけで20枚近くイッテしまう!とりあえずは10数枚抜き出して、次のトルコ箱へ。するとここも「うおーっ、これは凄え!」状態でありまして、これまで実物をネットの写真でしか見たことが無いような掘出物がザックザク!トルコも10枚近くを抜き出して、次はフィリピン箱、インドネシア箱、中華箱、韓国箱、アラブ箱、タイ箱、マレーシア箱、ペルシャ箱等々、箱を見る度に「うおーっ、これは凄え!」状態となりながら、あるだけ全部見たのでありますた。多分1000枚位は見たんじゃないですかね~。閉店の20時近くまでずっと見続けましたので、お店には6時間以上いたことになります。これだけ長時間居座り続けた客は、他に誰もいないそうです。店長さんには「新記録」と言われますた・・・。

 15時過ぎには店長さんがわっち専用の試聴の為にパソコンを出して下さいましたので、抜き出したブツを次から次へ好き放題に試聴しまくりますた。CD1枚につき数曲を数十秒ほど聞いて買うか買わないか判断するという、とんでもなく荒っぽい試聴ですが、ブツが1000枚位ありますから、そんなことでもしないと決めることは出来ません。試聴しながら箱を漁り、抜き出しては試聴するという作業を延々と続けたのでありますた。多分100枚位は試聴したと思います。途中18時半頃にnakaさんが、19時過ぎにはsweet inomotoさんも来店されていつものW-OYA-G会のメンバーが揃ったのですが、お二人が来られてもわっちは延々と抜き出しては聞くという作業を繰返していたのでありますた。

 そんなこんなで最終的にゲットしたブツは全部で30枚!一気にこれだけ大量ゲットしたのは、今回が初めてです。我ながらアホでやんすね~。でもめっさ嬉しい~!以下がゲットしたブツであります。

ベトナムもの。ホアン・チャウの初期盤とかフィ・ニュンのメリケン盤とか、超珍しい!
Pkansai201212

トルコもの。ギュルベン・エルゲンやソンギュル・カルリの初期盤あり!シベル・ジャンにも萌えるジャン!
Pkansai201212_2

東南アジアもの。イチェのベストが大発見!ジョリーナの初期盤とかノート&トーンもめっさ嬉しい!
Pkansai201212_3

東アジアもの。何と言ってもナンシー・シットが大発見!
Pkansai201212_4

アラブ・ペルシャもの。シャキーラの「羊たちの沈黙」ジャケ盤(?)が特に嬉しい!
Pkansai201212_5

 20時過ぎにお店を出まして難波方面へ移動。戎橋ブックオフの前にある串カツ屋「二色」にて、W-OYA-G会の一次会であります。メンバーは店長さんを入れて4人でありますが、色々な話が出て来て面白かったですね~。音楽やら食べ物やら政治やら、本当に色々な話があって楽しかったです。22時半近くまで飲んだ後、sweet inomotoさんは用事があって帰られましたので、3人で二次会へ。すぐ近くのバーへ行き、ハイボールをチビチビやりながらお話。これまた興味深い話が出て来まして、やっぱり面白かったですね~。

 23時過ぎに店を出て、別に忘年会をやっていた嫁さんと梅田で待ち合わせ、ベロンチョに酔った嫁さんが焼肉を食べたいと言うので、0時頃にホテル近くの炭火焼肉屋「茜」へ。初めて入った店だったのですが、七輪で焼く肉の美味いこと!特にタレが美味いんですよ!店を出たのが1時半近かったですかね~。二人ともヘロヘロに酔っていて、真っ直ぐ歩けない状態でありますた。千鳥足で何とかホテルへ辿り着き、部屋に入ったところで嫁さんがベッドに倒れこんでそのまま寝てしまいますた。わっちはどうしても風呂に入りたかったので、泥酔状態で風呂に入り、寝たのが2時半過ぎでありました。うーむ、長い一日じゃった・・・。そしてめっさ充実した一日じゃった♪

2012年12月11日 (火)

関西の旅2日目前編~2012.12月

 さて、関西の旅2日目でありますが、この日がわっちにとっての最大の山場であります。かなり長くなりますので、2回に分けてお送りしようかと思います。それでは早速。

 この日は嫁さんが友人達と昼食会&忘年会がありますので、それに合わせてわっちはプランテーション&W-OYA-G会であります。朝9時半過ぎにホテルを出て、阪急梅田駅で嫁さんを見送った後、わっちはすぐに御堂筋線で心斎橋へ。10時過ぎに心斎橋ブックオフに到着し、早速ブツを物色でございますが、数年前なら色々と掘出物があったこの店も、最近はなかなかイイ感じのブツが出て来ないんですよね~。とりあえずはざっと棚を見て、小阪由佳と恵比寿マスカッツをゲットであります。

小阪
Pkosakayuka005

マスカッツ
Pebisumuscats002_4

 お次は商店街のアーケードを南下して、10時50分頃に戎橋ブックオフへ。ここは前回東南アジアのブツをゲットしまくりましたので、今回も来るのが非常に楽しみだったんですよね~。しかし何故か今回は殆ど何も無し。ありゃりゃ、一体どうなっとんねん?仕方なく11時20分頃に店を出て、今回のお目当ての一つだった自由軒へ名物カレーを食べに行きますた。開店は11時半と聞いていたのですが、11時半ちょい前に着くと既に店の中には沢山の人が!一体どうなっとんねん?と思いつつ店に入り、店員が指定する席に言われるがままに座り、早速名物カレーを注文。生卵が乗ったカレーにソースをかけて食べるというスタイルは、噂に聞いていた通り。スパイシーなカレーが生卵でマイルドになり、ソースをかけることで再びピリッとスパイシーになるのがイイ感じ。わっちは美味いと思いましたね~。

自由軒の名物カレー
Pjiyuken001

 自由軒を出たのが12時ちょい前位で、お次は難波に2軒あるブックオフへ。難波中の店で恵比寿マスカッツと元メロン記念日の柴田あゆみのシングルを発見して手に取っていたのですが、ワールド系の棚でパキスタンのアニー・ハリドのブツを発見。柴田マスカッツは捨ててハリドさんのブツのみゲットです。

ハリドさん
Panniekhalid001

 お次はこの日のメインであるプランテーションへ、徒歩にて移動です。時間は12時50分頃。朝出掛ける前に店長さんに13時頃行くとメールしていましたが、少し位遅れてもいいかということでツラツラ歩いていると、途中通りかかったキングコングで全品2割引のセールをやってる!ちょいと立ち寄ってワールド系のブツを物色したのですが、トルコのナザン・オンジェルとかキューバのアダルベルト・アルバーレスのブツが出て来たものの、元値が1800円と高過ぎるので買うのをやめました。いくら2割引でも高いモノは高いってことで。13時20分頃に店を出てプランテーション店長さんにもうすぐ到着する旨メールすると、13時45分頃に来て欲しいとの返事。ありゃ、もう店のビルの前に来てるのに。とりあえずは慣れないと迷路みたいなプランテーションが入っているビルを、プラプラと散策して時間を潰しますた。後で聞いてみると、店長さんは1階にある眠眠(だったっけ?)にお昼ご飯を食べに行っていたそうです。

 13時45分に店の前に来てみると、おや、まだ開いてませんね~。とりあえずは待つしかありませんので店の前で待っていると、店長さんが階段を駆け上がって来られますた。コーヒーを一杯いただいてしばし色々な国の情勢とか音楽の話をした後、ブツの物色開始であります。今回はCDとカセットの在庫が1500枚近くあると、事前にお話を伺っていますた。ですので、通常なら夕方に行って店頭のブツを色々と試聴させてもらってゆっくりと買うブツを決めさせてもらう所を、今回は気合を入れて昼過ぎにお店に行ったのでありますた。ブツの物色は14時頃スタート。大量のお宝を目の前にして、ワクワクしながら箱の中を漁り始めたのでありますた。すると・・・。

続きは次回でございます~♪

2012年12月10日 (月)

関西の旅1日目~2012.12月

 12月7日から9日まで、関西に行ってきました。今回も色々なブツをゲットすることが出来まして、非常に充実した旅だったと思います。久し振りの(2年振り位?)W-OYA-G会も出来ましたしね~。というワケで今回の旅日記をアップしておこうかと思います。まずは初日です。

 今回は珍しく新幹線の旅ですので、前の夜から車をぶっ飛ばすようなことはありません。朝6時前に起床して準備し、6時50分に家を出てバスに乗りますた。新幹線は8時博多発のぞみであります。博多駅で新幹線用のビールやおつまみを買い込み、新幹線に乗ったらすぐに宴会(?)であります。家から持参した焼酎も飲んだりして、宴会開始後1時間程度で結構酔ってしまい、新神戸辺りまで意識を失っておりますた・・・。

 10時40分頃に新大阪に着くと早速大阪駅へ向かい、スーツケースをゴロゴロ転がしながら11時ちょい過ぎに駅前第4ビルの洋食屋「欧風軒」へ。ここは初めて入る店なのですが、ハンバーグがめっさ美味いですね~。エビフライもイケてましたよ♪昼食を終えると駅前ビルの中古盤屋を2軒ほど回りましたが、ここ1~2年の梅田の状況はボロボロの一言ですね。ワールド系のブツなんて皆無に等しい状態になってしまいますた。今後は梅田のブツ屋は見る必要が無いかも?

 その後茶屋町方面へ移動してNUだのロフトだのを見て、14時に中津にあるコムズホテル大阪にチェックイン。地下鉄御堂筋線中津駅の上にあるホテルですが、梅田と目と鼻の先に立地していまして、なかなか便利で快適なホテルであります。ホテル関西も便利で好きなんですけど、設備はコムズの方がずっと上でしたね~。チェックインを終えたらすぐに神戸へ移動です。この日はルミナリエを見るのがメインでありまして、多分3年振り位なのではないかと。

 JR三宮に15時過ぎに到着すると、とりあえずは嫁さんと分かれて行動であります。わっちは三宮・元町のブツ屋をチェックしなければなりませんので。まずはセンター街脇道及びセンタープラザ3階のりずむぼっくすへ。脇道の店は日本のポップスのヘッポコ系、センタープラザ3階の店は中華ポップス系の掘出物がちょくちょく出て来るのですが、この日は特に何も無し。仕方ないのでこれまで一度として掘出物があった例が無いセンタープラザ地下の店に行ってみると、スロヴァキアかどっかの歌手のブツが525円!全然知らない歌手ですけど、ジャケが気に入ったのでゲットです。

スロヴァキアのブツ?
Pjanakirschner001

 続いて元町に移動したのですが、人の多さにビックリ!12月6日からルミナリエが始まったのですが、平日の16時前というのにルミナリエ方面に向かう人が異常に多い!点灯は18時なのですが、みんな早いお越しですね~。そんな人の流れを横目に、まずは元町のりずむぼっくすへ。ここは結構ワールド系の掘出物が出て来るのですが、今回は特に何も無し。相変わらずブラジルものは充実しているんですけど、今は全然興味が無いですしね~。店を出て今度は同じ通りにあるロックンロール・エイズ・プロダクションへ。ここも行けば必ず1枚は掘出物がある店なんですけど、この日は空振り。

 「何だか今日はブツが少ないな~」と思いつつ、ここ数年は全然ワールド系の掘出物が無いハックルベリーへ。棚をちょろっと見てみると、おおっ、ゼイン・ラブディンのターラブ・バンドのブツがある!ついでにピエール何ちゃらというおっさんの、見たことあるジャケのブツもゲットであります。この後は本日の締めとしてリズムキングスへ行ったのですが、全商品20%オフのセールをやっていました。「こりゃラッキー!」とばかりに色々と探したのですが、結局掘出物は無し。何も買わずに店を後にしたのでありますた。

ターラブとピエール君
Pzeinmusicalparty001 Ppierremaizeroi001

 17時過ぎに嫁さんと待ち合わせして、17時半から元町の洋食屋グリル一平で早めの夕飯を済ませてからルミナリエへ行きますた。この日が2日目ということもあるのか、平日の夜にも関わらず本当に人が多いんですよね~。しかも混乱を避ける為なのか何なのかは知りませんけど、ルミナリエ会場へ行く道順が決められていて、その道の両側にバリケード(?)が作ってあって途中で抜けたり入ったり出来ないようになっている!しかも一方通行です。警察やら警備会社やらの人間が大挙してバリケードの脇を固めていますし、この大掛かりな管理体制は一体何なのかという感じでございましたね~。ルミナリエ自体は綺麗だったのですが、数年前に比べると規模が大幅に縮小されてショボくなっていましたので、何だかビミョーな感じでありますた。

ルミナリエその1
P201212001
その2
P201212002

 ルミナリエの後はイスズベーカリーで明日の朝食用のパンをゲットして、梅田へ移動。めっさ喉が渇いていたので、ニューミュンヘンでうま~いビールを飲んでからホテルへ戻ったのでありますた。