Powered by Six Apart

« MINE GECILI 「GECE KIRPIKLI KADIN」 | メイン | 宿が無い! »

2012年11月 4日 (日)

SARAH GERONIMO 「PURE OPM CLASSICS」

Psarahgeronimo002
 OPM界NO.1歌手サラ・ヘロニモ(以下ヘロやん)の、今年発売のアルバムです。この娘については前に「OPM」というブツを取り上げましたが、まさにOPM界を代表するに相応しい素晴らしい歌唱を聞かせてくれたアルバムですた。これはその続編なのかどうかは知りませんが、ピュアOPMクラシックなんてタイトルからしてめっさ期待させてくれるじゃないですか!「これは買うしかないでやんす!」ってことでゲットした次第でございます。

 とにかく楽しみなブツなワケでありますが、実際にブツを再生してみますと、初っ端からやっぱり素晴らしいんでやんすよ!無理の無い伸びやかな歌唱から滴って来る、フィリピンならではの情感と言いますか何と言いますか。これがメリケン・ポップスのコピーにしか聞こえない人もいらっしゃるかもしれませんけど、このスムーズでメロウな美しい楽曲群は、ヘロやんという素晴らしい力を持った歌手によって、確かにフィリピンの魂を吹き込まれたと感じられます。イヤイヤ、この素晴らしい楽曲群によって、ヘロやんにフィリピンの魂が宿ったのかな?まあ別にどっちだってイイんですけど、ここで聞ける音楽は、間違い無くフィリピン独自の音楽ですよ。

 まあ確かにフィリピンのポップスはメリケン・ポップスのコピーから始まったかもしれませんが、そこからフィリピンならではの音楽に発展させて来た先人達の心を受け継いで、OPMとしてのアイデンティティをここに見事に結実させたのが、ヘロやんのこのブツなのでありますよ。もはやこれはメリケンのコピーなどという次元とは全く別物の、純然たるフィリピンのポップスなのであります。だからこそタイトルに「PURE」って付いてるのだと、わっちは思うのでやんす。

 いや~、それにしてもヘロやんって本当に素晴らしい歌手になりましたね~。天才少女歌手としてデビューして、その後ちょいとした紆余曲折があったとわっちは勝手に思っていますけど、ここまで育ってくれたのなら文句はありません。ヘロやんとほぼ同時期に出て来て、現在はワールドワイドに活躍の場を広げようとしているペンペン子ちゃん(日米では「シャリース」として知られてる娘です)に比べたら、才能的には劣るかもしれませんけど、フィリピンでの安定した人気をバックにしてワールドワイドな戦略に走ること無く着実に国内で力を付けて来たヘロやんは、わっちがペンペン子ちゃんに対して「こんな歌手になって欲しい」と思っていた像に、グングンと近付いているように感じられます。マレーシアにシティ・ヌールハリザ在れば、フィリピンにサラ・ヘロニモ在り、というレベルの存在に育って来たような気が致します。

 今年のOPMについては、アンニャ・アギラーという素晴らしい才能が出て来ただけでも大満足なんですけど、ヘロやんまでもがこんな素晴らしいブツを出してくれるなんて、もう嬉しくてたまりませんね~♪うーむ、今年のベスト10選びも大混戦模様を呈して来ますた。ヘロやんが入賞の有力候補であることに間違いはございませんが、強力なトルコやベトナムの歌手にどれだけ対抗出来るかな~?

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、アコースティックで美しい曲です。」→コチラ

「もう1曲、ポップで美しい曲ですね~。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31026043

SARAH GERONIMO 「PURE OPM CLASSICS」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿