Powered by Six Apart

« 高橋優 「この声」 | メイン | 酩酊音楽酒場~KING SUNNY ADE »

2012年11月28日 (水)

梁静茹 「愛久見人心」

Pfish013
 マレーシア出身で台湾で活躍しているフィッシュ梁の、今年発売のアルバムであります。わっちはフィッシュさんのことを、「一曲入魂タイプのアジアン・ソウル歌手」として高く評価しておりまして、この人のブツを聞くのはいつも非常に楽しみなんですよね~。今年は新作を出していたなんて全然知りませんでしたが、台湾人のマブダチがわざわざ送って来てくれますた!ありがたや~♪

 それにしてもこの人の新作を聞くのは随分久し振りという気がするのですが、考えてみれば09年のアルバム「静茹&情歌」以来、新作を聞いていません。2010年に新作を出しているはずなのですが、それはゲットしておりませんですた。しまったしまった島倉千代子!いつかどこかで入手しなければ!まあそれはイイとしてこのアルバムでございますが、何だか随分年取ったな~というジャケでございますな。まだまだ若手歌手のように思っていましたが、当たり前のことながら、人って年を取るものなんですよね~・・・。

 しかしルックスが多少オバハンっぽくなったとは言っても、歌の方は全然衰え知らずでありまして、相変わらず「一曲入魂」のステキな歌を聞かせてくれますよ!まあちょっと軽い感じで歌っていますからこれまで程の熱量は感じさせませんが、元々力のある歌手ですから、軽く歌っても実にニュアンスが豊かなんですよね~。一曲一曲心を込めて丁寧に歌っている様子は十分に伝わって来ますし、何と言いますか、やっぱりわっちはこの人の歌を聞くのがめっさ好きなんだということを、改めて実感した次第なのでやんす。

 前にも何度か言ったことがあるんですけど、フィッシュさんは一曲入魂で歌に込める熱量がハンパ無いだけに、時に息苦しい程の濃密さを感じさせることがあるワケでありますが、本作ではその辺を意識したのかどうかは知りませんけれども、力の入れ方と抜き方が絶妙という感じがしますね。フィッシュさんにしては珍しく、結構サラっと聞かせる歌になっていると思います。しかしよく聞けばしっかりと歌に熱量を込めているのがわかりますし、歌手としてこれまでとはちょっと違った表現方法を手に入れたのかな~、という気がしますね。素晴らしいと思います。

 まあ何にしても、わっちにとってフィッシュさんは、中華ポップスの中で最も好きな歌手であるということに変わりはありません。今後もずっと追いかけ続けて行きたい歌手であります!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、じんわりと泣けてくるような曲でございます。」→コチラ

「もう1曲、しっとり系の曲です。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31026087

梁静茹 「愛久見人心」を参照しているブログ:

コメント

ころん 様

う~ん、相変わらずいい味出してますね~。
試聴は特に2曲目が好きです。
これはゲットしないわけにはいかないかなぁ。

>おやぢ様
フィッシュさんの歌は、何時でも何処でも素晴らしいと思います。今回のブツも当然オススメでございますよ♪機会があれば是非ゲットを!

いただきました編集盤に入っていた彼女の曲、すごく良かったですよ。
今までは、漢字の歌なんて全く聴く気がしなかったのですが、台湾ポップもいいかもしれないですね。
でも、梁静茹って、何て読むんですか?

>masahiroさん
フィッシュさん、素晴らしいでしょ~?編集盤に入れた曲は、個人的にこれまで聞いた中華ポップスの中で最も好きな曲です。中華ポップスは基本的にバラードが多いですけど、好きな歌手が見つかればハマってしまう可能性が高いですよ!フィッシュさんは特にオススメですね~。
ちなみに梁静茹という名前ですが、北京語読みでリャン・ジンルゥと読むらしいですが、日本では一般的にフィッシュ・リョンという呼び方をすることが多いようです。リョンは広東語読みかな?

コメントを投稿