Powered by Six Apart

« SITI NURHARIZA 「ALL YOUR LOVE」 | メイン | TRA MY 「MY IDOL VOL.2 2012」 »

2012年10月 2日 (火)

THU THUY 「DEN KHI NAO QUEN」

Thuthuy
 わっちが最も好きなベトナムの歌手トゥ・トゥイ(以下、愛称のキャンディ)の、今年発売の新作であります。これで5枚目ですね。キャンディちゃんはわっちがベトナム・ポップスで唯一全作品を揃えている歌手なんですが(あ、唯一じゃないや!)、何がそんなに魅力なのかと言いますと、アイドル・グループ出身ながらも非常に優れた歌唱力と、ベトナムの他のポップス歌手より何歩も先を進んだ鋭い感覚、そしてキラリと光るセンスを持ち合わせているところですかね~。作詞作曲もしますし、アルバムは常にセルフ・プロデュースという点を挙げても、歌さえ歌えればいいという他の多くの歌手達とは意識レベルが違うという感じがするんでやんすよ。あ、もちろんルックスが良いというのも大きなポイントですよ♪

 これまではベトナムR&Bをマニアックに突き詰めるようなアプローチを見せていたキャンディちゃんですが、今回は随分アジアンな情緒が溢れる歌謡曲に接近していますね。まるでお昼のメロドラマの主題歌にでもなりそうな雰囲気の、しっとりした曲が多くなっています。しかしそれが全然ベタ付かずに、スッキリとクールな感覚で統一されているのは流石だと思います。これはキャンディちゃんならではの音だと思いますね~。

 キャンディちゃんはこれまでR&Bをマニアックに追求する中で、80年代のプリンスみたいな、音数を削ってどれだけ歌や曲を強靭に出来るかという命題に挑戦していたように感じられる時期がありまして、出来るだけ簡素な音で音楽を豊かにするという意識が常にあるように思われます。出来るだけシンプルなアレンジで歌と曲を引き立てるという姿勢があるからこそ、アジアンな情緒が溢れながらもクールな表情を失うことが無いのではないかと、わっちは妄想しているのでやんす。

 そんなキャンディ・カラーでビシッと統一されたこのアルバムは、当然の如くやっぱり素晴らしい仕上がりであります。音楽的にはこれまでのR&B路線とは違っているとは言え、音楽に対する姿勢そのものは何も変わっていないという、揺ぎ無い自信が感じられる作品だと思います。その知的でクールな佇まいに、改めてシビレる憧れるゥって感じなのでありますた。いや~、マジで惚れ直しました。ラストにちょっとダサめのアレンジの曲を持って来て、ワザと隙を見せる辺りもなかなか巧みな小悪魔ですな。好き好き大好き♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、しっとり歌謡でございます。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31025981

THU THUY 「DEN KHI NAO QUEN」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿