Powered by Six Apart

« 400回記念の編集盤作成中 | メイン | SHEILA MAJID 「MEMORI AIDILFITRI」 »

2012年9月28日 (金)

TRIO BIDADARI 「TRIO BIDADARI」

Ptriobidadari001
 マレーシアのグループ、トリオ・ビダダリのアルバムなんですが、一体いつ出たブツなのか、表記が何も無いのでわかりません。しかもメンバーの名前さえよくわかりません。多分ピピン、プテリ、ウランという3人なんだと思いますが、どれが誰なのかは不明であります。レコ会社はその辺にもうちょっと気を使ってくれてもイイんじゃないですかね~。音さえ聞ければイイってモンじゃないでやんしょ?

 というワケでビミョーなルックスの3人組グループでありますが、ビダダリは「天使」という意味だそうで、ルックスだけでは「一体どこが?」と言いたくなる連中ではありますな。1人位はイケてるルックスの娘を選んで欲しいという気が・・・。まあそれは置いとくとして、歌の方は若々しい勢いに溢れていて、なかなか聞かせてくれる連中でありますよ!

 この3人組は、見事なハーモニーとコーラス・ワークを聞かせてくれるというタイプのグループではありません。おそらくそれぞれがソロの歌手として契約して、ソロでは売れそうにないからとりあえず3人組にして売り出したのだと推測されます。ですからそれぞれがソロで歌う部分に関しては堂々とした歌唱を聞かせてくれますし、3人同時に歌う部分はユニゾンのコブシ回し大会みたいな感じになっているのであります。それぞれの歌唱力は相当に高いのですが、特に伸びやかで美しい声を持っているウランさんは、ソロでも十分にやっていけるだけの非常に魅力的な歌声と実力を持っていると思いますね~。ちなみに、ピピンさんはウランさんに似たタイプで、プテリさんはノラニザ・イドリスっぽい響き成分少なめの歌声です。

 音楽的にはちょいとダンドゥットっぽい部分もありますけど、基本的にはオーソドックスなマレーシア伝統歌謡と言えるかと思います。奇を衒った所は全然無くて、シティ・ヌールハリザやノラニザ・イドリスなんかを聞き慣れた耳には特に新しいと感じられる部分は無いかと思いますが、よくある感じの曲を真正面から堂々と歌っている所に好感が持てますね。まあ本人達は与えられた機会を生かすべく、精一杯やれるだけのことをやっているんでしょうけど、そういう素直な姿勢が伝わって来るのがこの連中の魅力と言えるでしょう。ルックスはビミョーであっても、なかなか好感度の高い連中だと思います。

 個人的にはウランさんのソロ作を聞いてみたいという気がするのですが、この3人の結束を更に強化することで、唯一無二のマレーシア伝統歌謡コーラス・グループに成長して欲しいという気もしますね。それだけの力がこの連中には備わっているんじゃないかと、わっちは思っているのでやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、ダンドゥットみたいな雰囲気ですね。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31025973

TRIO BIDADARI 「TRIO BIDADARI」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿