Powered by Six Apart

« 陳思函 「寄居蟹」 | メイン | DELVIA HAMSYAH 「TERLALU SAYANG」 »

2012年8月17日 (金)

SITI NURHALIZA 「LENTERA TIMUR」

Psitinurhaliza007
 傑作の誉れ高い、マレーシアのシティ・ヌールハリザの09年盤「東方のともし火」であります。このブツについてはいずれどこかでゲットしようと思っていたのですが、そうこう思っている内に店頭から姿を消してしまい、どこにも見かけなくなってしまいますた。実は関西に行く度に探していたのですがそれでも見つからず、どうしようかな~と思っていたところ、たまたま覗いたオフィス・サンビーニャさんのサイトで夏のセールをやっていることを知りまして、定価の2割引で買えるということで思わず申し込んでしまった次第でございます。あ、ちなみにここで言う夏のセールは、今ヤッテいるマレーシアのブツのセールとは別物でございますよ♪ゲットしたのはコチラの方が先でございます。

 最初このブツが出た時は、実はあまり興味が無かったのであります。ミュージック・マガジン誌の年間ベストにも選出されていたと思いますが、それでも欲しいとは思いませんですた。どうせいつものシティちゃん節だろ?な~んてタカをくくっていたのでございます。ところがある時「喫茶ユニヴァース」のアルバイテン先生がブログでこのブツを取り上げておられて、絶賛されていたんですよね~。それを見た瞬間から「うおーっ、めっさ聞きたいやんけ!」となってしまいまして、何としてもゲットしたくなったのでございますた。うーむ、ようやくゲット出来て良かった良かった♪

 アルバイテンさんが「パーフェクト」「非の打ち所がない」とおっしゃるこのブツ、興味津々で再生したのですが、マジでコレは本当に素晴らしいですね!数々の傑作をモノにしているシティちゃんではありますが、本作はこれまで聞いたシティちゃんのどのブツよりも良いと思います。コレは伝統歌謡路線のブツですが、伝統歌謡路線だのポップス路線だのそんなことはどうでもよくなってしまう・・・と言いますか、伝統歌謡もポップスも一緒くたにして呑み込んでしまった、伝統歌謡ポップスと言って良いのではないかと思います。マレーシアの伝統歌謡路線のブツでは、わっちはノラニザ・イドリスの「アウラ」というブツが一番好きだったのでやんすが、「東方のともし火」はついに「アウラ」を超えてしまったと感じております。まさに完璧な作品と言っても良いかと思います。

こちらがノラニザ・イドリスの「アウラ」
Gnoraniza001

 何が完璧かって、最高の作曲家達によるアジアンな情緒に富むポップな曲、最高の制作陣と演奏家達による伝統的な味わいをしっかりと残した現代的なサウンド・プロダクション、マレーシア最高の歌姫による緩急自在で融通無碍な歌、これだけ揃っているブツに「完璧」と言わずして何と言いましょうか?ホンワカとしたユーモア感覚も漂っていて親しみ易さもありますし、「完璧なブツ」にありがちな「息苦しさ」とも無縁であります。リラックスして聞ける伝統歌謡ポップス路線、素晴らしいではないですか!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「とりあえず1曲、めっさエエとしか言いようがありまへん。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31025909

SITI NURHALIZA 「LENTERA TIMUR」を参照しているブログ:

コメント

先生だなんて、やだわ、ころんさん。このブツ、本当に素晴らしいですよねー。こんなに「素晴らしい」としか言えないブツって、逆にどうなのって不安になるくらいに素晴らしいですねぇ(笑)。ころんさんがブログを継続してくれるのは、もっと素晴らしいですけどね!「いい音楽」本日、発送させていただきますー!

ころん様

う~む、これは素晴らしいですね!
正直、シティちゃんて上手いけどちょっと面白味に欠ける歌い手さんだと思っていたのですが、これは見直さないといけないかな?

>アルバイテンさん
このブツはマジで素晴らしいと思います。アルバイテン先生がおっしゃってた通りですね~♪シティちゃん本領発揮の一枚って感じでしょうか。素晴らしいとしか言い様がありませんね!
ワタクシのボログの継続が素晴らしいのかどうかはわかりませんが、そうおっしゃっていただけるだけでも非常に嬉しいです。ありがとうございます!これからは(出来るだけ)ワガママは言わずにボチボチと継続して行きたいと思っておりますので、宜しくお願い致します。

それにしても「いい音楽」、めっさ楽しみです!ワタクシも刺激を受けて音楽編集に走ってしまうかも?

>おやぢ様
実はワタクシも、以前はシティちゃんが苦手だったのであります。上手いのはわかるけど、何もかもが手堅過ぎてイマイチ面白味に欠けるかな~と思っていたのですが、「スディルマンの思い出」というライヴ盤を聞いて彼女の素晴らしさを発見して以来、大ファンになってしまいました。
今回取り上げました「東方のともし火」は、スタジオ録音盤としては文句無しの大傑作だと思います。入手困難になる前に(もうなりかけてる?)、ゲットされることをオススメ致します~♪

コメントを投稿