Powered by Six Apart

« WHITE SHOES & THE COUPLES COMPANY 「ALBUM VAKANSI」 | メイン | 北川稽古~こにたんの言いたい放題 人権擁護法案 »

2012年8月27日 (月)

CINTA LAURA 「CINTA LAURA」

Pcintalaura001
 インドネシアのアイドル歌手と思しきチンタ・ラウラの、昨年発売のアルバムです。先日取り上げました破壊神デルヴィア・ハムシャが壮絶に酷い仕上がりでしたので、こちらもそれに負けない位の出来映えを期待してしまうのでありますが、果たしてどんなブツなのか、大いに楽しみな一枚なのでございます~・・・ということで聞いてみたのですが、こちらは何とも可愛らしいアイドル・ポップスらしい仕上がりになっていますね~。実にイイ感じじゃないですか!まあ破壊神デルヴィアと比べるのはどうかという気はしますけど、ラウラちゃんはしっかりと音程を取ることも出来ますし、キッチリとリズムに乗って歌うことも出来ます・・・って、そんなん当たり前やんけ!破壊神デルヴィアがあまりに酷過ぎるんじゃ~いっ!

「何か文句あんのかシバくぞコラ!」by破壊神デルヴィア
Pdelviahamsyah001

 というワケで(?)、破壊神とは比べるべくも無く良い娘のラウラちゃんでありますが、ルックスだけは破壊神の方が少々上かも?しかしブックレットにはラウラちゃんのカワイイ写真が色々とありまして、なかなかイイ感じ。アジアのアイドル・ファンは必携のブツだと言えるでしょうね~。ルックス的にはまだ十代半ば位に見えますが、実際はどうなんでしょうか?歌の方は決して上手いとは言えないんですけれども、この顔にしてこの声という感じのちょいと舌足らずなキャピキャピした萌え声でありまして、これまたアジアのアイドル・ファンの耳をくすぐってくれます。しかもちょいとハスキーな声質というのが、これまためっさイイ感じです。うーむ、いい娘じゃのう!

 そんなラウラちゃんが歌うのは、ピコピコと鳴るエレクトロ音を基調としたアゲアゲ・ダンス・ポップスなんですけど、この萌え声はエレクトロな音と実に良く合っていますし、拙いながらもインドネシアらしさが感じられるカワイイ歌い口は、なかなかにステキでございますよ!この手のカワイイ歌声とエレクトロ音の組み合わせと言えば、タイの18禁猛毒ロリロリ娘マミアウを思い出してしまいますね~。あ~懐かしいな~、マミアウ。後で棚から引っ張り出して聞こ~っと♪

「誰が猛毒ロリロリ娘じゃシバくぞコラ!」byマミアウ
Gmameaw001

 このブツ、おそらく低予算で数少ないスタッフで制作しなければならなかった為にこんなエレポップ風になったんだと思いますが、ラウラちゃん自身に勢いがあるのでしょう、低予算などということを全く感じさせない位にパーっと明るくノリノリに弾けているのがイイですね!アンディエンとかアグネス・モニカなんかとはまた違ったタイプの、実力派とは言えないけれども、その可愛らしさで人の気持ちを惹き付けるという典型的なアイドルらしいアイドルの輝きを持った、実に魅力に溢れる娘だと思います。タイのヘッポコ・アイドルを思い出してしまうような、聞く者をフニャっと脱力させる部分もカワイイ、なかなかのステキ娘の登場でやんすね!

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、楽しさ弾けるアイドルらしい曲でございます。」→コチラ

「もう1曲、バラードをどうぞ。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31025925

CINTA LAURA 「CINTA LAURA」を参照しているブログ:

コメント

ころん様

こ、これは素晴らしいではないですか!
早速、サンビーニャさんに注文入れてしまいました(笑)。
サンビーニャさんのコメントによれば、ソニー・インドネシアが大プッシュしていて、しかもホンダやケンタッキー・フライド・チキンがスポンサーに付くなど、鳴り物入りでのデビューだったそうで、低予算の作品ではなかった感じですね。
狙ってこのテイストが出せるというのは、相当高度だな~。

>おやぢ様
何と、早速サンビーニャさんに注文を入れられましたか!お気に召していただきまして、とても嬉しゅうございます♪是非お楽しみいただきたく思います!
ワタクシ、このブツのゲットを決めた時はジャケ写しか見ておらず、サンビーニャさんのコメントは全く読んでおりませんでした。なるほど、鳴り物入りのデビューだったのですね~。お教え下さいまして、ありがとうございます!

コメントを投稿