Powered by Six Apart

« HOANG CHAU 「DAN CA TRU TINH 1」 | メイン | 北側稽古~こにたんの言いたい放題! 消費増税のこと »

2012年6月26日 (火)

MINH CHUYEKN 「DOI CANH」

Pminhchuyen001
 ベトナムの歌手ミン・チュイェンの、今年発売のデビュー盤であります。まずは目の周りに見事な隈取をした、まるでスージー&ザ・バンシーズのスージー・スーみたいなメイクが目を惹きますね。うーむ、ちょいと生意気っぽくてカワイイな~♪何だかホーチミンの街をピリピリとした雰囲気で闊歩していそうな娘でありますが、実は軍隊文化芸術学院の学生なんだそうです。86年生まれとのことですから、現在25か26歳ですか。その歳でまだ学生ということは、落第しまくってるんですね~、頭悪いんですね~・・・って、そんなワケないと思いますけど。おそらく準軍人みたいな身分なんでしょうね。中のブックレットにはこの娘の写真が何枚もあるのですが、青年団の青シャツを着た姿はいかにも軍人っぽい感じであります。ジャケに比べたら、随分オバサンっぽい顔ではありますが・・・。

 青いシャツを着ているとは言え軍隊関係者の歌となれば、所謂「赤い歌」を想像してしまうんですけど、聞いてみると赤い歌なんて雰囲気は微塵も無く、熱血のハードロック歌謡をヤッテいます。ベトナムの歌手らしく迫力のあるハスキーな声で、情念を込めながら噛み付くように歌っているのがいい感じ。しかもメチャクチャに上手い!しかし軍隊関係者だからなのかどうかは知りませんけど、音楽的にはかなりハードロックながらも、何だか折り目正しいと言いますか、実に生真面目に歌のお手本を見せてくれている先生みたいに感じられるんですよね~。軍隊関係者としては極めて傾奇者っぽいメイクをしているにも関わらず、全然不良っぽくないところが何だか妙にカワイイ娘であります。いいな~この娘♪

 ところでベトナムのハードロックと言えば、当然の如く世界中の全ての音楽愛好家がミン・トゥとかティナちんなんかを思い出す・・・ワケがありませんが、歌の力はミン・チュイェンの方が上でありまして、まるでファ・レを思わせる歌い口が実にカッコいいです。わっちのファレちんは圧倒的な歌の力で聞く者を捻じ伏せるという、実に豪快で愉快なステキ歌手でありますが、ミンちんにはそこまでのパワーは無いものの、切れ味鋭い歌唱は聞いていてなかなかに爽快でありまして、その姐御肌的な存在感に思わず惚れてしまう人も多いのではないかと思われます。いいな~このハードロック娘♪

 ただ、ハードロックとは言ってもそこはやはりベトナムでありまして、とにかく「歌を重視する」という姿勢が顕著でございます。普通のハードロックであれば、歌と同等にギターの派手なソロなんかも強調したりするものですが、ここではあくまでバックの演奏は歌の伴奏なのであります。歌を引き立たせる為の伴奏という音作りに徹しているのがいいんだか悪いんだか知りませんけど、その潔さは流石にベトナム歌謡でございます。しかしエレキギターの音が好きなわっちとしましては、派手に大活躍するハードなヴォン・コ・ギターなんかを聞きたいと思うのでやんすが、それは次回のお楽しみってことで・・・絶対に無いと思いますけど。でも聞いてみたいですよね~、ハードロックとヴォン・コの激烈ミクスチャー歌謡!

あと、今回は試聴が見つかりませんでしたので、試聴の貼り付けは無しでやんす。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31025819

MINH CHUYEKN 「DOI CANH」を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿