Powered by Six Apart

« 赤点先生の音楽添削~QUIET ELEGANCE | メイン | MIAN TIARA 「THE COMFROT OF MY OWN COMPANY」 »

2011年12月 6日 (火)

SHE 「TAK SEKEDAR KEMBALI」

Pshe001
 インドネシアの女性7人組ロック・バンド、SHEの09年のアルバムです。プランテーションの店長さんご推薦の1枚であります。まずは、この玉石混交なルックスのジャケが良いではないですか!真ん中のヴォーカルのメリーだけ顔立ちが整っていて、他は若いんだかオバハンなんだかわからないどうでもいいのが揃っているのが、そぞろ哀れを催します。うーむ、この一人を際立たせる為に引き立て役をズラリと揃える戦法(?)って、世界中の色々な所で見られますよね~。まあどうでもいい話なんですけど。

 このブツなんですが、店長さんお薦めだけあって、わっち好みのいかにもインドネシアらしい爽やかポップスに仕上がっているのが素晴らしいかと思います。力強くもちょっと切ないポップな楽曲をズラリと揃えて、実に快活で気持ちの良いメリーの歌を中心に繰り広げられる弾力に富んだ演奏は、ポップスの一つの理想形?などと思ったりもする今日この頃。ロック・バンドには珍しく、ヴァイオリンを使っているのもポイント高いですね~。要所で出てくるこのヴァイオリンが、めっさ効果的なのでやんすよ。思わず「お前等はブルーベルズか!」、などと突っ込みたくなってしまいますた。

 この連中、非常に安定して堂々とした演奏を聞かせてくれるのですが、これって本当にこの連中が演奏しているのでしょうか?な~んて思ったりして。何故そんなことを思ったかと言いますと、演奏は非常に良いものの、バンドとしての一体感と言いますか、バンド・アンサンブルの妙みたいなものが全然感じられないからであります。雰囲気的にメリーという歌手のソロ・アルバムの様相を呈しておりまして、まるで腕利きのスタジオ・ミュージシャン達が集まってバック・アップしてるような感じがするのでありますよ。まあどちらにせよステキなブツであることに変わりはありませんので、別に何でもいいんですけど。

 演奏も非常に充実しているのですが、このアルバムの一番の聞き所は、やはりメリーの歌でございましょう。ちょっと気の強そうな顔の通り、かなりパワフルな歌声を聞かせてくれるのですが、力強くもしなやかな肉体性を感じさせてくれる歌い口がステキであります。まあ典型的なポップ・インドネシアのヴォーカルと言ってしまえばそれまでなのかもしれませんけど、しっとりしたバラードではアジアンな切ない表情を見せたり、アップテンポのポップな曲では意外にカワイイ表情を見せたりと、なかなか萌えさせてくれるんですよね~。うーむ、いい娘ではないですか。是非わっちがあーしてこーしてあげませう・・・などと妄想も進むステキ娘でありますな♪

 まあこのステキ娘の歌もこの演奏あってこそのモノでありますが、何にせよ、このアルバムは非常によく出来たブツだと思います。東南アジア好きだけでなく、フツーに洋楽を聞いているような人にもお薦めしたいですね~。インドネシア・ポップスの素晴らしさを実感できる1枚でやんす。

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、軽快なポップロックでございます。」→コチラ

「もう1曲、美しいバラードでございます。」→コチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/603867/31025437

SHE 「TAK SEKEDAR KEMBALI」を参照しているブログ:

コメント

試聴しました。
結論ですが、これはイイです。 レベル高いです。 是非入手したく思います。
他国ストリングの影響を上手く吸収・昇華しつつ、独特の雰囲気と間の取り方も感じさせます。

更にこのジャケもイイ味を出していますね。 映画の告知ポスター風といいますか、「***戦隊女性モノ」 でも充分に通用しそうです。

女性 7人組みのバンドで思い出すのはタイ国の Te Pa Pa ですね。
IP Festival ライブ盤アルバムでは素晴らしいパフォーマンスを魅せていました。
女子校生デビュー、その後の活躍が楽しみだっただけに、セッション版アルバム 1枚出しでの卒業が悔やまれるところです。

>santaさん
お気に召していただいて、大変に嬉しく思います!これを機会にインドネシアのポップスにも興味をお持ちいただけたら、もっと嬉しいです♪ステキ戦隊SHEが、インドネシア・ポップスの泥沼に誘い込む・・・?

テパパは素晴らしいですよね!テパパのアルバムは、ワタクシの人生のベスト10に入る作品であります。IP Festival ライブ盤というブツは存じませんが、出来ることならゲットしたいです。何にしても、テパパはブアチョンプーと並んで、ワタクシにとって永遠のタイ・アイドルでございます♪

コメントを投稿