Powered by Six Apart

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

興味津々音楽探求~BOBBY VALENTIN 「REY DEL BAJO」

Pbobbyvalentin001
 みなさんこんばんは。ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」は、プエルトリコのサルサのベーシスト、ボビー・ヴァレンティンのアルバムを取り上げます。このアルバムは06年にリイシューされたモノなんですけど、オリジナルが一体いつ発表されたのかが記載されていないのでよくわかりません。多分70年代だと思うんですけど。

 実はサルサに関しては、ころんさんが元々サルサが好きじゃなかったということで、ころんCD棚にはサルサのアルバムがほとんどありません。だから資料的なモノが全然無い状態です。困ったものですね~。ころんさんにどうしてサルサが好きじゃないのか聞いてみたら、ラテンのビッグ・バンドが苦手だったからとのことでした。でも最近は体質が変わって来てビッグ・バンドも大好きになったので、今後は遅ればせながらサルサも聞いて行きますよ~とのことでした。うんうん、それはとっても喜ばしいことです♪

 今回のアルバムは、かの有名なファニア・レーベルから出ています。どうでもいいんですけど、今は何故かファニアのアナログ盤が中古市場で高騰しているそうで、一枚が数万円の値段で取引されているそうです。DJとかをやっている人の需要があるのかどうかは知りませんけど、今時ファニアの音楽が引っ張りダコなんて、何だか面白いですね~。ボビーさんのこのアルバムも、アナログだったら何万円もするのでしょうか?わたしは聞ければOKですので、再発CDで十分なんですけど。

「再発CDで十分OKですよね?」byめぐりん
Phiwaiimegu027

 ボビーさんのこのアルバムですが、本当に凄くカッコいいですね。ベーシストの作品らしく図太い低音がブンブンと出て来るんですけど、そんなしっかりとした土台の上でパーカッションやホーンやピアノ等々が自由自在に飛び回っていて、勢いと活力がハンパなく感じられます。リーダーがしっかりしていると、みんながやりたいことをやりたいように出来るって感じですね。音楽的にはかなりジャズの影響があるように思いますし、曲によってはロック的な感覚もあるんですけど、それでいて基礎のサルサの部分はしっかりとサルサですから、ビシッと筋の通ったカッコ良さがあるんだと思います。

 こういう音楽を聞くと、サルサ・マニアなんて方がたくさんおられるのもよくわかりますね~。だって本当にカッコいいんですもの!このブログでラテン音楽を担当させてもらってからは色々なラテン音楽を聞いていますけど、サルサという音楽はプエルトリコの音楽でありながらニューヨークで育まれてきたという特殊なところがあるだけに、他のラテン音楽とは違った何かがあるように感じられます。それが何かを見つける為にも、これからたくさんサルサを聞いて行きたいと思います!

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試し下さいね!それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「とりあえず1曲、ノリノリで哀愁も漂う曲ですよ♪」→コチラ

2011年9月29日 (木)

VAN KHANH 「CON DUONG MANG TEN EM」

Pvankhanh005
 久保田真琴の何ちゃら言うベトナム音楽のプロジェクトにも参加していたことで知られるベトナムの歌手、ヴァン・カインの多分09年あたりのアルバムです。ヴァン・カインのブツは「ころんの音楽探訪」でも取り上げたことがありますが、しっとりと落ち着いた大人の女性を感じさせる美しい歌声が素晴らしい、ベトナムでも屈指の実力を持った歌手であります。

 ヴァン・カインは巨乳娘のファム・フォン・タオと同じく、基本的に民歌系ポップスの歌手ですが、このアルバムでは1曲目にいきなりベトナム流ラテン・ポップスを聞かせてくれるのが意表をつかれますね。それがまた実に良い味わいでございまして、もしかしたら本作はベトナム流のラテン・ポップス・アルバムになっているのか?と思ったりもしましたが、2曲目からは歌謡曲風ベトナム・ポップスになっておりました。うーむ、残念なような、ホッとしたような、ちょっと複雑な気分でやんすね~。

 音楽的には民歌系ポップスと言うよりは、かなり歌謡ポップス的な要素が強いと思いますが、節回しや音階はベトナム音楽そのものですから、民歌だろうと歌謡ポップスだろうとベトナム的な味わいは実に濃厚であります。ただ、歌謡曲寄りな分親しみやすいとは思いますので、ヴァン・カイン入門編としては適しているのではないかと思います。最近は良い歌謡曲が無くなったとお嘆きの貴兄に、是非お薦めしたいアルバムでございます。古の歌謡曲の魂が甦ってくるステキ盤でございますよ!

 まあ何を歌っても素晴らしいヴァン・カインでありますから、彼女の美しい歌声が聞けるだけでも満足できるワケではございます。この手の「声だけでイカせてくれる」歌手はアジアには色々と存在しますけれども、しっとりと湿った成熟した大人のアジアンな情緒を漂わせる歌手は、ヴァン・カインの他にはホアン・チャウとかテレサ・テンぐらいしかいないかもしれませんね~・・・って、今思いつかないだけで、他にも沢山いるかもしれませんけど。

 それにしてもヴァン・カインの歌って、本当に美しいですよね~。しんみりと心に沁み込んで来るその歌声には、ウットリと酔わされてしまいますね。そしてヴァン・カインの優しくも温かい母性に包まれながら、いつの間にか眠りに落ちてしまうという、大人の為の子守唄と呼ぶに相応しい歌だと思います。アジアの美しい大人の女性がお好きな方には、是非お試しいただきたく思う今日この頃でやんす。若い娘好きのわっちでさえも、ヴァン・カインさんにはイカされてしまいますよん♪

あと、下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。


「まずは1曲、ラテン調のベトナム・ポップスですよ♪ライヴでどうぞ。」→コチラ

「もう1曲、しっとり歌謡でございます。こちらもライヴです。」→コチラ

2011年9月28日 (水)

VUONG DUNG 「DZUNG」

Pvuongdung001
 今回のバンコクの旅でゲットして来たブツを色々と取り上げたい今日この頃でございますが、残念ながらやたらと仕事が忙しくてあまりブツを聞く時間がありません。仕方が無いので(?)、前から書き溜めていたネタをとりあえずアップしておこうと思ったりして。というワケで今回取り上げますのは、ベトナムの歌手ヴォン・ズンの、09年の2枚目のアルバムです。7月にプランテーションに行った時にゲットしたブツでございます。試聴しながらブックレットを見ていたら、今注目のクリエイター、クオック・バオの名前がありましたので、思わず買ってしまった次第であります。

 クオック・バオと言えば、「サイゴン・ラウンジ」というベトナム初のラウンジ作品集をプロデュースした人ですが、本当にラウンジにいるようなオッサレーで心地良い音楽は、ベトナム・ポップスの新しい動きとして今後の展開が非常に気になるモノでありました。「サイゴン・ラウンジ」を聞いてからは、クオック・バオという名前を見かけると反応してしまうのですが、このブツにその名前を見つけた時は嬉しかったですね~♪まあこのブツではクオック・バオが関わっているのは2曲しかないんですけど、全体的な雰囲気は実にいい感じでございますよ!

 ヴォン・ズンは特に民歌が上手いとされているらしいですが、残念ながらわっちは彼女の民歌を聞いたことはありませんけれども、ここで聞ける「サイゴン・ラウンジ」にも共通するようなエレクトロとアコースティックのバランスの取れた心地良い音作りのポップスは、彼女の歌声にピッタリとフィットしているように感じられます。ルックス的にはイマイチな人ではありますが、低音から高音まで実にバランス良く響く魅力的な歌声はとても美しくて、浮遊感のあるオッサレーな音との相性はバッチリであります。思わずネタを書いている手も止まる心地良さでやんす。

 ここまでポップスにハマる歌声の人が民歌を歌っていたなんて、ちょっと信じられないんですけど、実はこのアルバムには民歌っぽい曲も入っていまして、切々としたニュアンスに富んだ歌い口は、マジで民歌がメチャクチャに上手いことを窺わせます。うーむ、これは物凄い実力の持ち主ですね~。こうなってくるとヴォン・ズンが歌うオッサレーな民歌アルバムなんかも聞いてみたくなりますね!もちろんプロデュースはクオック・バオで。この二人の組み合わせなら、民歌界が驚くようなオサレ民歌を作り出すことが出来るんじゃないでしょうか?

 まあその前に、ヴォン・ズンがその後新作を出しているのかどうかさえ知らないんですけど、地道に活躍してくれていることを願いたいですね~。新作が出ているのなら、是非ゲットしたいと思う今日この頃でやんす。

あと、今回は試聴を探すのが面倒ですので(仕事で疲れちまったのでやんすよ)、試聴の貼り付けは無しでやんす。

2011年9月27日 (火)

バンコクの旅4日目

 さて、バンコクの旅4日目、最終日であります。前日までに色々と行きたい所に行って欲しいモノも買いましたので、あとは仕上げるだけの余裕の日でございます。まずは例によって例の如くプラティナム・ファッション・モールへ。初日から目をつけていた3階の「COLORFUL」というカバンや財布なんかの店に行って、財布等ゲットです。革の財布が390バーツですから、いい感じでございます。

財布他色々
Pthai403

 それから連日の如くパラゴンのエキゾチック・タイへ行って、マッサージオイルやゾウさんのストラップ等のお土産を買ったのでありますが、その前にパラゴンのブツ屋「GRAM」へ行ってCDを物色し、下記をゲットでございます♪ヨートラックとイーフ・パンティップちゃんの共演盤が、VCDですけど半額です♪これは超嬉しい~!それにしても、イーフちゃんのソロって出ないんでしょうか?あと、ジージャちゃん主演の映画で、邦題「チョコレート・ファイター」のDVDを75バーツでゲットです!

ブツ4枚。
Pthai401

 パラゴンの後は、またサイアム・スクエアのマンゴータンゴ横の焼きお菓子屋さんに行ってお菓子3箱ゲット、セントラル・ワールドのスターバックスでコーヒーを買って、セントラル内のベンチで休憩しつつお菓子を食べたりして。連日歩き回り過ぎて足が痛い~!時刻は既に13時半でございます。

このお菓子、めっさ好きです♪
Pthai202

 足の痛みが少し引いたところで、連日通っているビッグCでバラまきお土産用のお菓子をゲット。ついでに(?)3階のブツ屋に行って、気になっていた1枚49バーツのレトロなブツのコーナーから4枚ゲットです。わっちの大好きなサーヤン・サンヤー先生がたくさんあったのですがパスして、スラポンとワイポットと知らんオバハン歌手のブツをゲット!どんな音楽なのか全然わかりませんので、めっさ楽しみでやんすね~♪

ブツ4枚。
Pthai402

 ビッグCを出て最期の記念食事ってことで、初日に行ったピンクのカオマンガイ屋に行ったのですが、何と昼休み中!げげ、食われへんやんけ!しょんぼりしつつプラティナム・ファッション・モールへ向かってたら、突然の豪雨が!これはわっちの涙雨でやんすね~・・・などとアホなことを思いつつ、ファッション・モールで嫁さんの服を色々物色した後、土砂降りの中をホテルに戻って帰り支度。時刻は15時50分であります。今回はその日の18時まで部屋を使えるレイト・チェックアウトを利用していますので、歩き回った後にシャワーを浴びることもできてゆっくり休めますし、落ち着いて荷物を詰め直したりもできますので、実にいい感じ♪

買いまくりのお土産お菓子。カワイイくまさんのお菓子大量ゲットです!
Pthai404

 18時ちょい前にチェックアウトを済ませまして、現地ガイドとの待ち合わせが21時45分にホテルのロビーということでしたので、ラストの買い物ということで、再びプラティナム・ファッション・モールへ行き、先程目を付けていた嫁さんの服を一気にゲット!その後はホテルのロビーに戻ってツラツラと時間を潰していたのですが、何故か約束の1時間前にガイドが現れましたので、言われるままに空港へ。フライトの3時間前に空港に到着しましたが、バンコクのスワンナプーム空港は異常に馬鹿でかいので、時間潰しには困りません。歩き過ぎで痛む足を引きずりつつ空港を見て回り、最後の最後まで色々と楽しみまくってから、バンコクを後にしたのでありました。

馬鹿でかい空港のごく一部分。
Pthai405_2

以上、今回のバンコクの旅日記でございました!とても充実した旅でしたが、唯一の心残りは、「センターワン」の中古盤をもっと大量ゲットしておけば良かったということでやんす・・・などと思っている、ごくフツーの音楽好き、ころんでございますた。失礼致しますた!

2011年9月26日 (月)

バンコクの旅3日目

 さて、バンコクの旅3日目は、BTSに乗るのが一つの大きな目標であります。バイヨーク・スカイ・ホテルの最寄駅はパヤタイ駅になるのですが、道がよくわかりませんのでその隣のラチャテウィー駅まで徒歩にて。あいにく途中から雨が降り出してしまい、クソ蒸し暑い中を歩くハメになってしまいました。やっとの思いで到着したラチャテウィー駅にて初のBTSの切符を買い、嫁さんが行きたがっていたショッピング・モール「センターワン」があるヴィクトリー・モニュメント駅へ。ちなみに電車賃は1人20バーツ也。

ラチャテウィー駅の駅名看板
Pthai301

こちらが戦勝記念塔。赤シャツ騒動で焼き討ちにあったそうですが、復旧している?
Pthai302

 駅からすぐのセンターワンに2階から入ると、入り口のすぐ横に「GMS」というブツ屋が!昨日は2枚しかゲットできなかったので、早速ブツを物色すると・・・おおっ、めっさ色々あるではないですか!しかも他の店に比べると値段が安め!20分ほど漁って6枚ゲットでございます。ラ・オン・フォンとかバイトゥーイがゲット出来て、めっさ嬉しいっす!

ゲットした6枚。
Pthai303

 それから各階を見て回りつつ1階をプラプラしていると、CD&DVDの文字が目に飛び込んで来ました!フラフラと吸い寄せられるように近付いてみると、おおっ、クソ狭い店内に山ほどブツが大量にあるではないですか!その店の名前は「SA-NGAR」で、中古盤屋でございます。バンコクに中古盤屋があるなんて、思ってもいませんでした!時刻は昼の12時前であまり時間も無かったのですが、30分ほどブツを漁りました。あまりにブツが多いのでポップス系はさっと目を通しただけで、ルークトゥン・コーナーを必死のパッチで見たところ、掘出物がザクザク出てくるではないですか!そうして抜き出したブツがサーヤン・サンヤー先生や薄幸娘のカラケートを含む下の6枚ですが、今考えたらもっと大量ゲットしておけば良かったかと思う今日この頃でやんす。

ゲットした6枚。プロイの1枚目は大発見!薄幸娘のカラケートは今いずこへ?
Pthai304

 大満足でセンターワンを後にして、ヴィクトリー・モニュメント駅からサラデーン駅に移動でございます。1人25バーツ也。駅からかの有名な(?)「シーロム・コンプレックス」へ行ったものの、あまり見るべきモノが無く、休憩の為に駅のすぐ近くにあるカフェの「シークレット・レシピ」へ。ここでコーヒーとケーキで一息入れますた。既に時刻は14時半を示しておりますた。

ケーキがでかい!
Pthai306

 その後「タニヤ・プラザ」へ行ったものの、ここは何故かゴルフ用品の店ばかり!全然おもろないやんけと思いつつ、民芸品を売っている店が2件ほどあったので見たところ、めっさいい感じのブツが多々ありました。しかし値段が高いので何も買わずにサイアム駅に移動でございます。それから昨日と同じくパラゴンのエキゾチック・タイに行ってアロマオイルをゲットし、チットロム駅の横にある「アマリン・プラザ」を見た後に隣にあるかの有名な(?)「エラワン・バンコク」へ。時間は18時前でしたが、早めの夕飯ということでエラワンの地下1階にあるかの有名な(?)タイ料理店「ナラ」にて、ソムタム&チキン・セットと、魚と肉ボールの汁麺を。ビールも注文して、締めて630バーツ也。この店は雰囲気も良いですし、めっさ美味いです!贅沢タイ料理としては最高ですな♪

ナラの料理は素晴らしいですよ!
Pthai307

 ナラの料理に満足した後は、昨日と同じくセントラルに行き、7階の王室経営(なのかな?)のタイ用品店でマッサージ薬をゲット。それから1階の「B2S」に行ってブツを3枚ゲットでございます。今一番流行りの歌手なのかどうかは知りませんが、どの店でもイチオシになっているGINGというポップス歌手のブツもゲットしてみました。あと、全く情報は無いのですが、SUGAR EYESというのがあまりに下らなそうなので、思わず手が出ちまったでやんす。

ゲットした3枚。右下がGINGです。
Pthai305_2

 それから通りを挟んで向かいのビッグCに行って、お土産のお菓子等を買い込んで21時頃にホテルに戻り、例の如く部屋で軽く飲み会をして寝ました。この日はCDも色々とゲットしましたし、昨日までの鬱憤を晴らすことが出来て、とても充実した気分でございました!あと、どうでもいいんですが、テレビを点けていたら「B2S」でゲットしたGINGが出ていて、インタビューに答えつつヘッポコな歌を披露していました。テレビに出ている顔は丸顔のイモ姉ちゃんで、ジャケとはまるで別人でしたので、ジャケは特殊メイクなのかと思ったりして・・・。

2011年9月25日 (日)

バンコクの旅2日目

 バンコクの旅2日目は、昨日行って惨敗したプラティナム・ファッション・モールの探索からスタートでございますが、それにしても、ホテルの真下からプラティナム・ファッション・モールまで続くプラトゥーナム市場の雑踏の凄まじいこと!この雑然とした雰囲気と庶民の溢れるパワーが、東南アジアなんですよね~。素晴らしい!とりあえず、ファッション・モールでは良さげな店に目をつけるだけに留めて、すぐに伊勢丹、セントラル・ワールド、ZENの3連チャンデパート方面にレッツゴーでございます。

朝のプラトゥーナム市場の準備風景
Pthai209

歩きながらの撮影なのでブレてますが、ゴチャゴチャの市場内
Pthai210

 まずは伊勢丹前のガネーシャ神と三位一体神に軽くお参りをして伊勢丹に入ってウロウロしていると、パッとCDを売ってる店が目に飛び込んで来ました!かの有名な(?)セントラル・ワールド(以下セントラル)の「B2S」でございます!CDやDVD、本、文具等を取り扱う店ですが、ざっとブツを見てみるとなかなかの品揃えでございます。しかし他に安い店があるだろうと思ってここはグッとガマン。セントラルの上階のスポーツ屋へ行って、嫁さんのスポーツ用品をゲットですが、結構な値段になってしまったので、海外で初のクレジット・カードを切ってしまいました。まあセントラルの店ですから大丈夫でしょう。その後セントラル4階のタナチャート・バンクで両替をしましたが、1万円が3940バーツでしたから、かなり良いレートだと思います。福岡空港で両替した時は1万円が3300バーツちょいのレートでしたからね~。

「日本では~、両替しない方が~、いいですよ~。」byはりー
Phiwaiihari011

 それからサイアム・スクエアに移動して、かの有名な(?)タイ料理店「ソムタム・ヌア」でソムタムとフライド・チキンの昼食でございます。ソムタムは青いパパイヤを使ったサラダですが、これがめっさ辛いのでやんすよ!わっちは辛いモノが苦手でございまして、米麺と一緒に食べるのがやっとでございました。その代わり色々な香辛料が使ってあるフライド・チキンは絶品でございました。

ソムタムです。めっさ辛いけど美味いっす!フライド・チキンは絶品!
Pthai201

 今回の旅では一つの大きな目標があったのですが、それは前回バンコクに来た時に超お気に入りとなってしまったお菓子を見つけることであります。かの有名な(?)マンゴータンゴのすぐ近くにあったお菓子屋で、ベビーカステラみたいなヤツでココナッツを使った焼き菓子を売っていて、女子高生やOL達が群がっている店でございました。ただ、サイアム・スクエア辺りは赤シャツ騒動で焼き討ちに遭っていまして、広範囲にわたって現在工事中になっています。果たしてあの店は今もあるのかどうか、少々不安になりつつマンゴータンゴの横に出て来ると・・・ん、なんだかココナッツとかカステラを焼いているような甘~い香りが?と思って振り返ると、おおっ!あるやんけ、あのお菓子の店が!これは飛び上がる位嬉しかったですね~♪当然お菓子ゲットです。詰め合わせ2箱で60バーツ也。本当にめっさ美味いお菓子でございますよ!

これがそのお菓子。店の名前が読めない!誰か教えて下さい。
Pthai202

 お菓子ゲットでご機嫌さんになった我々は、かの有名な(?)サイアム・パラゴンへ移動でございます。今回の目的の一つであるアロマ系のお店が、パラゴン4階に色々とあるとの情報でしたので。4階に行くと、パッと見つけてしまいましたよCD売ってる店を!「GRAM」という店ですが、少々高めですけれどもそこそこのブツが置いてあります。しかしもっと安い店があるだろうということで、ここはグッとガマン。同じ4階にある「エキゾチック・タイ」コーナーへ。

 パラゴンの「エキゾチック・タイ」のコーナーには色々な店が入っているのですが、特に「AKALIKO」という店は安くて品質が良くて素晴らしいですね!とりあえずはジャスミンとジンジャーのマッサージオイルを1本ずつゲットでございます。ここのマッサージオイルは本当に良くて、歩き疲れた足に塗ってマッサージすると、めっさ癒されるのでやんす。

アカリコのマッサージオイルとアロマオイル。他の日に買ったブツも入ってますけど。
Pthai206_2

 パラゴンのお次はサイアム・センターとサイアム・ディスカバリーに行ったのですが、あまり面白くありません。というワケで、今回は行く予定の無かったマーブンクロン(MBK)へ。MBKならCD屋がありますしね~、なんて思っていたら、4階にあったブツ屋が無くなっている!代わりに怪しげな海賊盤屋ばかりになっとるやんけ!こりゃ遺憾ということで3階に移動して、前にフォン姫のベスト盤とかをゲットしたブツ屋に行ったのですが、DVDばかりになっていてまともにCDを置いてへんやんけ!結局1枚もゲットできないまま、MBKでは自分の為のゾウさんTシャツと、お土産用のゾウさんがデザインされたランチョン・マット&コースターのセット、そしてスクラブ・ソルトをゲットするに留まりました。

ゾウさんTシャツとマット&コースター
Pthai211

 その後プラプラと歩いてラーチャダムリ通りのビッグCへ。既に時間は19時半。めっさ腹も減っている状態でしたが、まだ1枚もブツをゲットしていませんので3階のブツ屋へ。ここは前回来た時も大した品揃えは無かったのですが、今回も新譜に関してはVCDばかり置いてあってCDはまともにありません。仕方ないので1枚49バーツの「ナツメロ・コーナー(?)」を漁って、とりあえずはヨートラックのブツを2枚ゲットしました。他にわっちの大好きなサーヤン・サンヤー先生とかワイポットおじさんもいっぱいあったのですが、腹が減ってパワーが無くなってしまったので打ち止めでございます。

若き日のヨートラックのブツ。
Pthai204

 それから通りを挟んで向かいにあるセントラルに移動して、6階のタイスキ屋「コカ」で夕食です。2種類のスープが一つの鍋で味わえるインヤン・スープに、コンボ・セットという肉と魚介が入っているお得な具材でございます。プラスしてシンハー・ビールを注文。大満足の夕飯でございました!合計で736バーツ也。高いのか安いのかよくわかりませんけど。あと、ついでにセントラル7階のフード・ホールでお買い物。お土産用にタイのイケてる石鹸をドカ買いし、水、ビール、お菓子をゲットです。

コカのタイスキ
Pthai203

石鹸群。別の日に他の店で買ったモノも入ってますけど。
Pthai208

 22時頃にホテルに戻り、ビールとセントラルで買ったお菓子をつまみつつダラダラと喋り続け、気が付いたら1時前になっていましたので、次の日に備えてアカリコのマッサージオイルで足のマッサージをしてから寝ました。実に充実した1日でしたが、ブツが2枚だけというのが計算外でございました・・・。

おつまみのお菓子。くまさんがめっさカワイイ!
Pthai205

2011年9月24日 (土)

バンコクの旅1日目

 今回のバンコクの旅でございますが、福岡空港を午前に出発してバンコクに昼過ぎに到着する、タイ航空の直行便でございました。タイ航空の飛行機には各座席に自分で操作できるモニターがありまして、好きなように映画を見たり音楽を聞いたり出来るのですが、当然わっちは音楽の画面を色々といじっておりました。すると「タイ音楽」とか「アジアの音楽」とか「ワールド」なんてジャンルがありましたので、画面を見て行きますと・・・おおっ、これは凄え!何十枚とアルバムが収録してあって、全曲丸々聞けるようになっているではないですか!特に「アジアの音楽」と「ワールド」の充実振りが凄まじく、アンディエン、ユッスー・ンドゥール、ファドのマリーザ、アマドゥ&マリエム、ロリーナ・マッケニット、イライザ・ドゥーライト、マイラ・アンドラーデ等々聞きまくったのですが、エリトリアのアスマラ・オール・スターズにはすっかりとハマってしまいますた!

こんな感じの画面
Pthai101

 バンコク到着後は現地ガイドと合流して今回の宿泊先、かの有名な(?)バンコクで一番高い建物のバイヨーク・スカイ・ホテルへ。それから早めの夕飯ということで、これまたかの有名な(?)通称「ピンクのカオマンガイ屋」の「ガイトーン・プラトゥーナム」でめっさ美味いカオマンガイを食べました。1人前30バーツ也。1バーツ3円で計算しても90円。安くて良いですね~♪

ピンクのカオマンガイ屋。店員がピンクの服を着てるので、そう呼ばれています。
Pthai103_2

ちょっと食べかけですが、これがカオマンガイ
Pthai102

 その後、すぐ近くのプラティナム・ファッション・モールを散策。しかしあまりに猛烈に大量の服や雑貨の店が立ち並んでいまして、ちょいと圧倒されてしまいまいたので結局は何も買い物できず、ホテルに戻ってコンビニでゲットしたビールとお菓子で軽く宴会をして、翌日に備えてさっと寝ました。

かの有名なゾウさん印のチャーン・ビールの缶の裏には、何とカラバオが!29バーツ也。
Pthai104

 
あ、宴会中はテレビを点けていたのですが、ルークトゥンのPVを放送しているチャンネルがあって、いきなりカーオティップが流れて来たのは嬉しかったですね~♪やっぱりカーオティップとわっちは、何らかの縁で結ばれているのでやんす!アーチャリヤーが出ているCMもありました!

カーオティップじゃ~!
Pkawthip001

2011年9月23日 (金)

バンコクから帰って参りました!

 本日朝、バンコクから無事に帰って参りました。今回はフリーツアーということで、買い物とグルメ三昧の旅となりましたが、ほとんどタイ雑貨のバイヤーと化してしまったような感じでございました。行きから比べると荷物の量は3倍近くに膨れ上がり、アロマ・グッズとかコスメ系のネット通販でも始めようかな?なんて思ったりもして・・・。

 もちろんタイ音楽のブツも色々と仕入れて参りました。行く前はタイ音楽への興味が薄れてしまっているなどと書きましたが、行ってみるとタイ音楽にどっぷり浸かっていた状態が復活してしまい、すっかり以前のタイ音楽好きに戻ってしまいますた。ブツについてはこれからボチボチとご紹介して行こうかと思っております♪

 というワケで、これから無事帰国記念の飲み会をしようかと思っておりますので、本日はこれにて打ち止め。それでは皆様、ご機嫌よう~!

「はりーも~、帰って来たよ~♪」byはりー
Phiwaiihari022

「飲み会の幹事は、当然の如く宴会部長の私です♪」byななみー
Phiwaiinana012

2011年9月18日 (日)

お知らせです

 明日から9/23まで、例年の如く海外旅行に行って来ます。昨年のキューバであまりに大枚をはたいてしまったので、今回はアジア地域限定ということで旅行先を探しました。最初は台湾に行こうとしていたのですが、何故か台湾は大人気ということで空きが全然無くて、ならばホーチミンかバンコクかということで探したのですが、直行便で値段が安くて・・・という条件で絞り込んで行った結果、今回はバンコクに行くことになりました。

 旅行会社のパックツアーではありますが、個人手配よりも安い位の値段だったので価格面では満足♪パックツアーとは言っても今回はフリープランですので、好きなように行きたい所に行くことができます。まあ日数は少ないですし、まだ2回目のバンコクですから、色々と行きたい所が山のようにありますので、今回はバンコクの街の雰囲気をじっくり味わって、買い物に関しては嫁さんの好きなファッションとか雑貨系を中心にするつもりです。音楽に関しては、最近はタイ音楽から興味が離れていますので、まあテキトーに。ブツ屋があればチョロっと覗いて、目に付いたブツをゲットするという程度に留めようと思っています。今回は、ライヴ等に行く気は全くありません。

 というワケで明日の朝から出発になりますので、しばらくブログはお休みします。次回の更新は、23日か24日あたりになると思います。それでは行って来ま~す♪

「はりーも行くのです~♪」byはりー
Phiwaiihari023

2011年9月17日 (土)

興味津々音楽探求~XIMENA SARINANA 「MEDIOCRE」

Pkan043
 ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げるのは、メキシコのシンガーソングライター、ヒメナ・サリニャーナの08年盤「メディオクレ(って読むの?)」です。確か2年位前にころんさんが関西に行った時、北堀江あたりの「○か×」という中古盤屋さんでゲットしたアルバムです。ころんさんのCD棚の「まだちゃんと聞いてないコーナー(?)」に潜んでいましたので、とりあえず引っ張り出してみました。

「まだちゃんと聞いてないコーナーには、CDが山ほど並んでいます。」byめぐりん
Phiwaiimegu034

 ジャケットの刺繍をしている女性がヒメナさん本人だと思うのですが(違ったりして)、このアルバムを出した当時はまだ22歳ということで、若々しくてカワイイ写真だと思います。でも何だか妙に堂々としていて凛とした感じがありますよね~。ヒメナさんは子供の頃から女優として活躍して来たらしくて、だから表情の作り方も堂々としているのでしょう。名家の若奥様みたいな雰囲気が、とてもステキな人ですね!

 考えてみれば、わたしはメキシコの音楽なんて全然知らなくて、コンピレ盤とかマリアッチとかのほんの数枚しか聞いたことがありません…って言うか、メキシコ音楽を聞いていると必ずななみーさんがテキーラを持って現れて、メチャクチャに飲まされるんですよね~。わたしはすぐに酔い潰れてしまいますので、アルバム全編を聞き通した試しが無いんですけど。ななみーさん、無理に飲ませるのはやめて下さい。お酒があまり飲めないわたしには、テキーラは強過ぎます!そう言えば最近は、キューバ音楽を聞いていたら、ラム酒を持って現れるようになって来ました。ななみーさん、わたしをどうしたいんですか?

「だってめぐりんって、酔わせたら面白いんだもん♪」byななみー
Phiwaiinana032

 という話は置いといて、ヒメナさんのアルバムですが、メキシコの音楽とは言ってもマリアッチとかではなくて、ジャジーだったりテクノっぽかったりフォークっぽかったりする、色々な要素を飲み込んだメキシカン・ロックに仕上がっています。全体的な雰囲気は、アメリカのシェルビー・リンさんに似た感じという気がしますね。多様でオシャレで品があって、でもちょっとダークな部分もあって、それでいてスッキリ爽やかな仕上がりです。メキシコのロックって、もしかしたらこんな感じのものが多いんでしょうか?だったら、これから色々と掘り下げて行きたいですね~。

 それから、ヒメナさんのソングライターとしての才能も素晴らしくて、ステキなメロディの曲がたくさん聞けますよ!ドライヴ感溢れるロックだったり哀愁漂うバラードだったりと、センスは抜群だと思います。まだ若いのに凄い才能ですよね~。そして、ヒメナさんの歌がまたステキなんです!カワイイ顔に似合わず結構パワフルな歌声なんですけど、曲によって色々な表情を使い分けるところなんかは、流石に女優さんですね。あ、でも曲を「演じている」って感じではなくて、好きで楽しみながら歌っているって気持ちが伝わってくるところがイイですね。頭でしっかりと考えた音楽という印象はありますが、心がこもっているのがステキです。仏作って魂も入れた、かなりの力作だと思います。

 以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。下に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試し下さいね!それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪


「まずは1曲、ブラジリアンなテイストも感じられるニューウェーヴっぽい曲です。」→コチラ

「もう1曲、タイトル曲です。地に足が着いた感じのロックですね。」→コチラ